コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウバユリ

百科事典マイペディアの解説

ウバユリ

北海道〜九州の山野の林中にはえるユリ科の多年草。茎は太く,下半部に15〜25cmの狭卵心形で上面光沢のある葉を数個つける。夏,茎頂に筒状で緑白色の花を横向きに数個つける。
→関連項目ユリ(百合)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウバユリ【Cardiocrinum cordatum(Thunb.) Makino】

山地の林床に生育し,7~8月,大型の白花をつけるユリ科の多年草(イラスト)。西南日本にはウバユリvar.cordatumが,東北日本にはオオウバユリvar.glehnii (Fr.Schm.) Haraが分布する。ウバユリ属は数種からなる東アジア,ヒマラヤの特産属で,ユリ属に近縁である。茎は高さ50~100cm,頑丈で中空。葉は茎の中部に集まってつき,ユリ属とちがって葉柄と葉身の分化が明りょうである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウバユリ
うばゆり / 姥百合
[学]Cardiocrinum cordatum (Thunb.) Makino

ユリ科の多年草。地下の鱗茎(りんけい)より直立して出る茎は、太く、丸く、径2~3.5センチメートル、緑色で高さ約1メートルとなる。葉は茎の中ほどに数個集まってつき、基部には柄があり、長さ約20センチメートルで卵心形。上部の葉は小さく鱗片状。7~8月、茎頂に数個の花を横向きにつける。花は筒状で開かず、緑白色、長さ7~12センチメートル。(さくか)は楕円(だえん)形、薄い翼のある種子を多数つくる。関東地方以西の本州、四国、九州の常緑樹林の樹陰に生える。変種のオオウバユリはウバユリより大形で、より多数の花をつける。花はウバユリより大形で、9~13センチメートル。本州中北部、北海道より南千島、樺太(からふと)(サハリン)の落葉樹林内に生える。[河野昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウバユリの関連キーワードアイヌ語/おもな語彙と実用例ウバユリ(姥百合)ハンゴンソウ賀茂十一野菜蜘夷姥百合単子葉植物鹿隠百合波々久利牛蒡百合水百合鼠百合百合貝母

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android