ウバユリ

百科事典マイペディアの解説

ウバユリ

北海道〜九州の山野の林中にはえるユリ科の多年草。茎は太く,下半部に15〜25cmの狭卵心形で上面光沢のある葉を数個つける。夏,茎頂に筒状で緑白色の花を横向きに数個つける。花被片は6枚,長さ7〜10cm。果実は【さく】果(さくか)で,長さ3〜4cmの楕円体。鱗茎は良質のデンプンを含む。姥百合(うばゆり)の名は,花時に葉(歯)がないことが多いため。中部以北のものをオオウバユリとして区別することもある。
→関連項目ユリ(百合)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウバユリ【Cardiocrinum cordatum(Thunb.) Makino】

山地の林床に生育し,7~8月,大型の白花をつけるユリ科の多年草(イラスト)。西南日本にはウバユリvar.cordatumが,東北日本にはオオウバユリvar.glehnii (Fr.Schm.) Haraが分布する。ウバユリ属は数種からなる東アジア,ヒマラヤの特産属で,ユリ属に近縁である。茎は高さ50~100cm,頑丈で中空。葉は茎の中部に集まってつき,ユリ属とちがって葉柄と葉身の分化が明りょうである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウバユリ
うばゆり / 姥百合
[学]Cardiocrinum cordatum (Thunb.) Makino

ユリ科(APG分類:ユリ科)の多年草。地下の鱗茎(りんけい)より直立して出る茎は、太く、丸く、径2~3.5センチメートル、緑色で高さ約1メートルとなる。葉は茎の中ほどに数個集まってつき、基部には柄があり、長さ約20センチメートルで卵心形。上部の葉は小さく鱗片状。7~8月、茎頂に数個の花を横向きにつける。花は筒状で開かず、緑白色、長さ7~12センチメートル。(さくか)は楕円(だえん)形、薄い翼のある種子を多数つくる。関東地方以西の本州、四国、九州の常緑樹林の樹陰に生える。変種のオオウバユリはウバユリより大形で、より多数の花をつける。花はウバユリより大形で、9~13センチメートル。本州中北部、北海道より南千島、樺太(からふと)(サハリン)の落葉樹林内に生える。[河野昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android