コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラン・鉛法 ウラン・なまりほうuranium-lead method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラン・鉛法
ウラン・なまりほう
uranium-lead method

U-Pb法ともいう。ウランが放射崩壊してに変化するのを利用して岩石絶対年代を決める方法の一つ。ウラン 238→鉛 206,ウラン 235→鉛 207はそれぞれ半減期 4.47×109 年,0.704×109 年で壊変するので,岩石が生成されたときの鉛 206,鉛 207がわかっていると,現在の鉛 206,鉛 207の量から岩石が生成されてから現在までの時間が測定できる。実際には 206Pb/204Pb ,207Pb/204Pb をはかるだけで年代が決められるので,鉛・鉛法ともいう。半減期が長いため,若い年代の試料については精度が悪く,1億年より古い年代を示す試料に対して使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウラン・鉛法【ウランなまりほう】

ウランとその壊変生成物の鉛を用いる年代測定法238U-2(0/)6Pb,235U-2(0/)7Pbの2組の方法がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ウラン・鉛法の関連キーワードウラン鉛年代測定法放射能年代測定ウラン‐鉛法放射年代測定地球の年齢年代測定

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android