コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルバーハンプトン ウルバーハンプトン Wolverhampton

3件 の用語解説(ウルバーハンプトンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルバーハンプトン
ウルバーハンプトン
Wolverhampton

イギリスイングランド中部,ウェストミッドランズ地域北西部の地区。バーミンガムの北西約 20kmにある。10世紀末に建てられた聖メアリー聖堂を中心に集落が形成され,中世には市場町として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウルバーハンプトン

英国,イングランド中部,バーミンガム北西にある,ウェスト・ミッドランズ州の工業都市。錨(いかり),釘などの金属製品の生産に特色があり,近年は化学工業自動車工業などが伸びている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルバーハンプトン
うるばーはんぷとん
Wolverhampton

イギリス、イングランド中部、ウェスト・ミッドランズ大都市県にある都市。ブラック・カントリーの外縁に位置する工業都市で、人口23万6573(2001)。初めは農村地帯の商業中心地で、13世紀には定期市が開かれるようになり、毛織物や農産物の集散地として発展。産業革命後は石炭、鉄鉱石に恵まれていたため、鉄鋼業、金属工業が発展した。現在は、自動車鉄道車両タイヤ、機械、化学、醸造などの諸工業が盛んである。[井内 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルバーハンプトンの関連キーワードイギリス東インド会社コベントリーバーミンガムヨークシャーリッチフィールドナショナル・ウェストミンスター銀行ブラック・カントリーHastingsウェストランド種 (Westland)イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウルバーハンプトンの関連情報