コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エコロジー(ファッション) えころじー/ふぁっしょんのえころじー

1件 の用語解説(エコロジー(ファッション)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

エコロジー(ファッション)

地球環境問題への意識の高まりから、ファッション界でも「エコロジー」が大きなキーワードになった。リサイクル素材の利用や二酸化炭素の排出量の削減などで企業の姿勢をアピールする動きが高まった。また、2007年秋に行われたフランスのパリやイタリアミラノ、東京のコレクションでは、「エコロジー」を感じさせるデザイントレンドになった。自然素材のゆったりとしたドレスや、自然界からヒントを得た色や柄が多用された。草木や星、花などで「自然」や「地球」を演出するブランドも多かった。買い物用のプラスチック袋を省くエコバッグが人気になり、7月にはアニャ・ハインドマーチのエコバッグを求めて長蛇の列ができて話題になった。景気は回復基調にあるといわれるものの、原油高などにより生活必需品値上げが続くなか、エコロジー意識を反映した新しい消費の形が生まれつつあるようだ。

(高橋牧子 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エコロジー(ファッション)の関連キーワードエコファンドグリーン・マーケティングゴア地球環境ファシリティーGEF地球市民globe環境危機時計アースコンシャスグリーンコンシューマーリズム

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone