エス・エル党(読み)エスエルとう

百科事典マイペディアの解説

エス・エル党【エスエルとう】

革命的社会主義者党の略称で,帝政ロシア末期の1901年創立。社会革命党とも。ナロードニキ主義を継承し,闘争手段としてテロを重視し,マルクス主義的なロシア社会民主労働党と対立した。1917年二月革命後臨時政府を支持,自らケレンスキー内閣を組織したが,まもなく分裂,左派はボリシェビキに協力して一時ソビエト政権に参加した。内戦期には両派とも革命政権に反抗し,解体した。
→関連項目アゼフフィグネルプレーベ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android