コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エス・エル党 エスエルとう

百科事典マイペディアの解説

エス・エル党【エスエルとう】

革命的社会主義者党の略称で,帝政ロシア末期の1901年創立。社会革命党とも。ナロードニキ主義を継承し,闘争手段としてテロを重視し,マルクス主義的なロシア社会民主労働党と対立した。
→関連項目アゼフフィグネルプレーベ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

エス・エル党の関連キーワードE. ブレシコ・ブレシコフスカヤブレシコ・ブレシコフスカヤグリゴリイ ゲルシューニブレスト・リトフスク条約ヴィクトール チェルノフイワーノフ・ラズームニクマリヤ スピリドーノワニコライ スハノフダシナクツチュン党二月革命(ロシア)アントーノフの反乱マーク ナタンソン左派エス・エル党スピリドーノワV. プレーベG. ガポンエス・エル党ボリシェビキゲルシューニケレンスキー