コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エブラ エブラEbla

デジタル大辞泉の解説

エブラ(Ebla)

シリアの古代都市国家。紀元前3000年代中期から2000年にかけて繁栄。遺跡から西セム語の最古の資料である楔形(せっけい)粘土板文書が大量に発見されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

エブラ【Ebla】

シリア北西部,アレッポ南南西55kmにあり,現在テル・マルディフTell Mardikhと呼ばれる遺跡の古代名。大量の楔形文字粘土板文書の発掘によって,前3千~前2千年紀におけるシリアの歴史およびメソポタミアとの関係の解明が期待されている。長辺約900m,短辺約700mの周囲を塁壁で囲まれた巨大なテルで,1964年以来マッティエP.Matthiaeを隊長とするローマ大学調査隊が発掘を続けている。最古層のI層に前約3500‐前約2900年,VII層に後3~7世紀の年代を与えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

エブラ【Ebla】

シリアの古代都市国家。紀元前3000年紀に繁栄。西セム語の楔形粘土板文書が多数発掘された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エブラ
えぶら
Ebla

古代にシリア北部にあった都市国家。その存在は、メソポタミアのシュメールアッカド時代の粘土板文書によってよく知られていた。メソポタミアはユーフラテス川に沿って上流のマリ、エマルを経て、地中海沿岸地帯やアナトリア地方との交易を行い、メソポタミアには存在しない鉱物、織物、木材などの製品や材料を輸入していたが、交易の中心地として、エブラ王国が果たした役割はきわめて大きいものがあった。年代は紀元前2400年に比定されているが、エブラ王国はシリア北部の交易センターの中心として活躍している。1964年にローマ大学のパウロ・マッティエによって、アレッポの南約65キロメートルにあるテル・マルディフ発掘調査が開始され、ここが都市国家エブラであることがわかった。城壁を巡らした宮殿、風俗図浮彫りの石製容器ライオンと兵士を浮彫りにした奉献用の石製容器などが発見された。もっとも重要なことは、宮殿の付属文書館から75年に1万5000点以上の粘土板文書が発見され、エブラ王国の置かれた交易センターとしての役割の重要性が確認されたことである。[糸賀昌昭]
『マッオッゾーニ著、糸賀昌昭訳「シリアの古代都市文化」(『図説世界の考古学2 古代オリエントの世界』所収・1984・福武書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエブラの言及

【シリア】より

…彼の王朝は前3千年紀末葉のシリアを支配した。またアレッポの南南西にある都市エブラが全シリアに支配勢力を伸ばした(前2400ころ‐前2250ころ)。これはシリア史上まれにみる帝国であった。…

※「エブラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エブラの関連キーワードグンダ ニーマンクラウディア ペヒシュタインショートトラックスピードスケート平岩親吉旗本刈谷藩障害物競走深海動物関宿藩平岩親吉

エブラの関連情報