コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリス エリス Ellis, (Henry) Havelock

15件 の用語解説(エリスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリス
エリス
Ellis, (Henry) Havelock

[生]1859.2.2. サリークロイドン
[没]1939.7.8. サフォーク,ウォッシュブルック
イギリス思想家,心理学者。ロンドンで医学を修めたが,転じて文学,科学に関する著作を行い,多くの資料に基づいて性欲,天才,犯罪,夢,結婚に関する研究を発表。性心理の最高権威。主著『犯罪者』 The Criminal (1890) ,『英国の天才の研究』 Study of British Genius (1904) ,『夢の世界』 The World of Dreams (11) ,『性の心理学研究』 Studies in the Psychology of Sex (7巻,1897~1928) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

エリス
エリス
Ēlis; Elea

ペロポネソス半島北西部に位置する古代ギリシア都市国家。現イリア。馬の飼育と前 776年以来エリス人が司ったオリュンピア競技 (→古代競技会 ) で知られている。中心市エリスは前 572年までに全地域を統合,ときにスパルタと同盟または敵対したこともあったが,オリュンピア競技の主催者としておおむね中立を堅持し,独立を保持した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

エリス
エリス
Eris

ギリシア神話の争いの女神。夜の女神ニュクスの子で,労苦ポノス,飢餓リモス,戦闘マケ,殺害フォノス,その他もろもろの災いを生んだとされる。トロイ戦争は,ペレウステティスの結婚を祝う神々の宴会の最中に,その場に自分が招かれなかった腹いせにエリスが投込んだ「最も美しい女神へ」と記された黄金のリンゴが,原因となって引起された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

エリス
エリス
Exoat-mospheric Reentry-vehicle Interceptor System; ERIS

大気圏外再突入体迎撃システムSDI計画により開発されてきた地上発射型弾道ミサイル迎撃ミサイル。大気圏外で核弾頭を破壊するのが目的。軌道上のミラー衛星めがけて地上局から発射されたレーザーにより誘導されて接近し,内蔵センサーで目標物を捕捉し,ホーミング誘導で直接衝突し破壊する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

エリス
エリス
Eris

太陽系にあり,海王星軌道と冥王星軌道の外側で太陽のまわりを公転している天体。準惑星に分類される。2005年,アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるパロマ山天文台で 2003年に撮影された画像のなかから発見された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エリス(Eris)

準惑星の一つ。太陽系外縁天体冥王星型天体に属す。2003年、パロマー山天文台からの観測で発見された。名の由来はギリシャ神話の戦いの女神。冥王星の外側の軌道を公転する。冥王星より大きいため惑星に分類すべきか論議されたが、2006年に国際天文学連合が設けた区分の「準惑星」に分類された。衛星(ディスノミア)をもつ。直径は2400~3000キロメートルと推定される。

エリス(Henry Havelock Ellis)

[1859~1939]英国の医師・心理学者。性心理の研究で有名。著「性心理学研究」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エリス

英国の著述家,心理学者。性科学(セクソロジー)の創始者として知られる。初め医学を修めたが,開業医をやめて文筆生活に入った。文学論をはじめ多くの著書があるが,天才,犯罪,夢,特に性心理に関する研究で知られる。

エリス

ギリシア神話の不和と争いの女神。軍神アレスの妹で彼に従う。女神テティスペレウス結婚式に招かれなかった腹いせに,〈最も美しい女神に〉と記した黄金のリンゴを宴の場に投げ入れ,ヘラ,アテナアフロディテ3女神の争いを惹起し,パリスの審判を仰ぐことになって,これがトロイア戦争の遠因となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エリス【Ēlis】

ギリシア南部,ペロポネソス半島の中西部の地方。現在の呼称はイーリア。馬,羊,ヤギなどの牧畜と干しブドウ生産を行う。古代においてこの地方は馬とアマ栽培で知られた。またオリュンピアの祭典を主催し,早くから親スパルタの立場をとるが,ペロポネソス戦争中にアテナイ側に加わり,その結果前399年に国土の一部を失う。ペネイオス川流域の町エリスは前471年ころに建設され,オリュンピアに替わり政治の中心地となった。劇場,アゴラ北西部の体育場,レスリング場など発掘された遺跡も多い。

エリス【Eris】

ギリシア神話の不和,争いの女神。ペレウスと海の女神テティスの婚礼の席にただひとり招かれなかったエリスは,その腹いせに,〈最も美しい女神に〉と記した黄金のリンゴを宴の場に投げ入れたため,ヘラ,アテナ,アフロディテの3女神の争いとなったが,ゼウスに審判を命じられたトロイアの王子パリスは,彼と美女ヘレネとの結婚を約束したアフロディテに軍配をあげた。これがもとでトロイア戦争がおきたという。【水谷 智洋】

エリス【Alexander John Ellis】

1814‐90
イギリスの古典学,数学,音楽学の研究者。英語の発音に関する科学的な研究でも知られるが,音楽においては,自身は,音感をもっていなかったといわれるが,民族音楽学の父と呼ばれるほどの業績を残した。特に重要な著作は,《諸民族の音階》(1885,邦訳1951)で,ここで,ヨーロッパだけでなくアジアアフリカの楽器の音高が物理的な方法で計測され,音階の多様性が提示された。エリスは,音程を振動数によらずに,平均律の半音(これを100単位とする)との比較で行うためセントという単位を提案し,今日でも広く使われている。

エリス【Henry Havelock Ellis】

1859‐1939
性科学(セクソロジー)の創始者として知られるイギリスの医師。ロンドン近郊に船長の長男として生まれ,世界を周遊した後にロンドンに戻って医学を修め,開業医となったが,30歳代で研究,著作に専念する生活に入った。文芸批評犯罪心理学,天才研究などの業績もあるが,1894年の《男と女》以来,性の研究に対する偏見と弾圧の強い時代に,一貫して性の科学的研究とその体系化に力を尽くした。主著は《性の心理学的研究》全6巻(1897‐1910)で,古今東西のあらゆる分野の文献を集成した,一種の性科学の百科事典というべき労作である。

エリス【William Webb Ellis】

1807‐72
ラグビーフットボールの創始者。イギリスのパブリック・スクールの一つ,ラグビー校在学中の1823年秋,校内フットボール大会の試合中,彼は興奮してルールを破り,ボールを手に持って相手のゴールへ突進したが,この反則がヒントとなり,後にボールを手に持って走るラグビー・フットボールのルールが考案されたといわれている(〈ラグビー〉の項を参照)。オックスフォード大学卒業後牧師となり,フランスに移住。【川本 信正

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エリス【Henry Havelock Ellis】

1859~1939) イギリスの医者・著述家。性を科学的に考察、その体系化に努めて、性科学を創始。著「性の心理学的研究」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエリスの言及

【トロイア戦争】より


[伝説の荒筋]
 人間の数が増えすぎ,これを支えるに難渋する大地母神をあわれんだ大神ゼウスは,その解決策として人間たちの間に戦争を起こす計画を立てる。後に《イーリアス》の主人公として活躍するアキレウスの両親たる女神テティスThetisと英雄ペレウスの婚儀が盛大に催され,すべての神々が出席したが,当然ながら不和の女神エリスだけは招かれなかった。立腹した女神は〈もっとも美しき女神に〉と彫った黄金のリンゴを宴席に投げ入れた。…

【民族音楽学】より

…しかし,近代的な学問としての比較音楽学は1885年以降に成立した。初期の比較音楽学の業績で最も重要なものの一つは,A.J.エリスの《諸民族の音階》(1885)である。エリスは,音程の実体を正確に表記する目的でセント法を考案して用いた。…

【性の心理学】より

…イギリスの性科学者H.H.エリスの著作。1933年刊。…

【ラグビー】より

…ラグビー創始以前のフットボールについては〈サッカー〉の項を参照されたい。
[沿革]
 今日のラグビー(近代スポーツとしてのラグビー)の発祥については諸説あるが,概ね,〈1823年,イギリスのパブリック・スクール(イートン,ハロー,ウィンチェスターなど)の一つであるラグビー校においてフットボールの試合中に,W.W.エリス少年が興奮のあまり規則と慣習に反し,ボールを腕に抱えて走ったことにはじまる〉と伝えられている。このエリス少年の行動については,〈単に故郷アイルランドのゲーリックフットボールgaelic footballのプレーをそのまま行ったにすぎない〉ともいわれており,〈ボールを抱えて走った〉彼の行為が偶然か否かは別にして今日のラグビーの礎になったといわれているのである。…

※「エリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エリスの関連キーワードグロサリー黒糸黒岩グローサリー繕いナーサリー羽繕い金繕い黒い山サリーはわが恋人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エリスの関連情報