コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバン オオバン Fulica atra; Eurasian coot

4件 の用語解説(オオバンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオバン
オオバン
Fulica atra; Eurasian coot

ツル目クイナ科。全長 32~42cm。全身灰黒色で,と上嘴の基部から後方に広がる肉質部位の額板が白い。指と指の間が離れ,各指に葉のような形をした蹼(みずかき)がついている弁足と呼ばれる足をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オオバン

クイナ科の鳥。翼長21cm。体は灰黒色で,額板は白色。ユーラシア大陸中南部,オーストラリアに分布。日本では本州中部以北で繁殖し,冬は南へ移る。湖沼に生息,浅水中にアシ,マコモ等を積み上げて巣とする。
→関連項目バン(鳥)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

知恵蔵miniの解説

オオバン

ツルの仲間の水鳥。アメリカ大陸・北極・南極を除き、全世界的に生息している。全長30~40センチメートルほどで、全身のほとんどが黒く、くちばしから額にかけて真っ白な部分がある。日本では、主に北海道や本州中部以北の湖・沼・池など水辺で繁殖する。埼玉県・京都府・奈良県でそれぞれ絶滅危惧IA類」「準絶滅危惧種」「希少種」に指定されているが、近年は増加傾向にある。滋賀県の調査では琵琶湖周辺で急増しており、2014~15年の冬に、約10年前の3倍近くにあたる約6万羽の生息が確認された。

(2015-6-26)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオバン
おおばん / 大鷭
coot
[学]Fulica atra

鳥綱ツル目クイナ科の鳥。全長約38センチメートル。全身ほとんど灰黒色で、頭頸(とうけい)部は黒く、次列風切(かざきり)の先端が白い。額に乳白色の額板があり、嘴(くちばし)も白色。足指には葉状の水かきがあり、弁足である。旧世界に広く分布する。本州中部以北で繁殖し、冬期には中国南部、フィリピンなどに渡るが、南日本で越冬するものもある。ヨシや水辺植物のよく茂った湖沼、河川、池などにすみ、水生植物の種子、芽、根などを主食としているが、水生昆虫や小魚も若干食べる。習性はバンに似て、頭を前後に振り動かしながら水面を泳ぎ回り、またしばしば潜水して餌(えさ)をあさる。巣はヨシやマコモのなかに水辺植物の茎や葉を積み上げてつくられ、5~7月ごろ1腹8~12個の卵を産む。抱卵、雛(ひな)の世話は雌雄で行う。
 本種の含まれるオオバン属Fulicaには世界で9種が知られており、アフリカ大陸、マダガスカル島に額に赤いこぶのあるコブオオバンF. cristata、アンデス山地に額に肉状突起のあるツノオオバンF. cornuta、南アメリカには嘴の黄色いキバシオオバンF. leucopteraなどがいる。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオバンの関連キーワードホロホロチョウ阿比家蠅水鶏鍋鶴白鶺鴒緋水鶏姫水鶏クイナ(秧鶏)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オオバンの関連情報