コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキサロ酢酸 オキサロサクサン

デジタル大辞泉の解説

オキサロ‐さくさん【オキサロ酢酸】

oxaloacetic acid》生物の呼吸で重要なTCA(トリカルボン酸)回路の一員。ジカルボン酸の一。ピルビン酸から生じた活性酢酸と結合して枸櫞(くえん)酸となり、回路が始動し、一巡すると、再びオキサロ酢酸が生成されて、回路は引き続き作動する。分子式C4H4O5

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

オキサロさくさん【オキサロ酢酸 oxalo‐acetate】

低分子生体物質の一種。クエン酸回路の一員。リンゴ酸の酸化により生成し,アセチルCoAと縮合してクエン酸となり新しい回路に入る。単子葉植物など(C4植物)の炭酸固定のさい最初に生成する物質。またアスパラギン酸からトランスアミナーゼの作用によっても生成する。コハク酸(クエン酸回路の3段階前の物質)の酸化を触媒するコハク酸デヒドロゲナーゼ拮抗阻害する。【柳田 充弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

オキサロさくさん【オキサロ酢酸】

低分子量(132.07)の生体物質(化学式 C4H4O5)で、 TCA 回路の一員。糖や脂肪酸の分解産物と縮合してクエン酸となり、回路の中でいくつかの反応を経て再びオキサロ酢酸になる。また、トウモロコシ・サトウキビなど C4 植物の光合成のとき最初に生成する物質。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキサロ酢酸
おきさろさくさん
oxaloacetic acid

炭素数4のジカルボン酸の一種。オキソ酸(ケト酸ともいう。カルボニル基O-とカルボキシ基(カルボキシル基)-COOHを同一分子中にもつ有機化合物の総称)の一種でもある。2-オキソブタン二酸 2-oxobutanedioic acid、ケトコハク酸ketosuccinic acidともいう。組成式はC4H4O5、分子量は132.07である。ケト型とエノール型の互変異性体(急速に変換しうる2種の構造異性体)がある(参照)。結晶はエノール型で、エノール型にはシス型とトランス型がある。酢酸エチルエステルと四塩化炭素の混合液から結晶化するとシス‐エノール型が得られ、融点は152℃、エタノール、アセトンに可溶。アセトンとベンゼンの混合液から結晶化するとトランス‐エノール型が得られ、融点は184℃、水、エタノール、エーテルに可溶。
 オキサロ酢酸はクエン酸回路(トリカルボン酸回路、TCA回路ともいう)の一員であり種々の役割を果たしている。糖、アミノ酸、脂肪酸の分解産物である、アセチル補酵素A(アセチルCoA)のアセチル基(CH3CO-)はオキサロ酢酸と縮合してクエン酸となりクエン酸回路に入り完全酸化され二酸化炭素(CO2)と水(H20)になる。この場合、オキサロ酢酸は再生されるので、触媒的役割を果たしている。糖新生(生体内でグルコースをつくること)においては、オキサロ酢酸はフォスフォエノールピルビン酸となり(フォスフォエノールピルビン酸カルボキシナーゼという酵素が働く)、解糖系の逆をたどりグルコースとなる。すなわちグルコースの原料としての役割を果たす。この場合は、オキサロ酢酸は消費されるので、クエン酸回路回転のためにオキサロ酢酸を補充する必要がある。動物ではピルビン酸から(ピルビン酸カルボキシラーゼという酵素が働く)、またリンゴ酸から(リンゴ酸デヒドロゲナーゼという酵素が働く)オキサロ酢酸ができる。アミノ酸代謝においては、オキサロ酢酸からアスパラギン酸が、あるいはアスパラギン酸からオキサロ酢酸が生成する(両方の反応でアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼという酵素が働く)。[徳久幸子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オキサロ酢酸の関連キーワードアスコルビン酸DJEMMADNAアミノ酸オキシダーゼオキソ酸ケト酸ナパーム弾ニトリルGOTGOT(AST)

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone