オット(英語表記)Ott, Heinrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「オット」の解説

オット
Ott, Heinrich

[生]1929.9.1. バーゼル
スイスの神学者。 K.バルトおよび R.ブルトマンのもとに学び,前者のもとで学位論文『ルドルフ・ブルトマンの神学における歴史と救済史』 Geschichte und Heilsgeschichte in der Theologie Rudolf Bultmanns (1955) を完成。バーゼル大学の組織神学の講師をしながら,バーゼル市郊外のアリスドルフの牧師を兼ね,1962年バルトの後継者として同大学組織神学正教授となる。思想的にはバルトとブルトマンの間に立つが,『思考と存在-マルティン・ハイデガーの道と神学の道』 Denken und Sein. Der Weg Martin Heidegger und der Weg der Theologie (59) は,師バルトとの距離を一層大きいものにした反面,ハイデガーからは高く評価された。 66,78年に来日。エキュメニカル (→エキュメニズム ) な関心も強い。このほか著書には『終末論』 Eschatologie (58) ,『教義学と宣教』 Dogmatik und Verkündigung (61) ,『現実と信仰』 Wirklichkeit und Glaube (I.66,II.69) ,『信仰の応答』 Die Antwort des Glaubens (72) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「オット」の解説

オット
おっと
Eugen Ott
(1889―1976)

ドイツの軍人、外交官。第一次世界大戦後ドイツ国防軍政治部に所属。ナチス政権成立後の1934年(昭和9)、駐日ドイツ大使館付き武官となり、ディルクセン大使とともに日独防共協定の締結(1936)に奔走した。1938年駐日大使に昇進、日独伊三国同盟成立(1940)の推進者となった。しかし1941年のゾルゲ事件の発覚で、主犯リヒャルト・ゾルゲと親しくしていた責任を問われ、1942年11月駐日大使を解任され、北京(ペキン)大使館付きとなり終戦を迎えた。第二次世界大戦後は、軍人時代の上官シュライヒャー将軍の回想記を執筆した。

[藤村瞬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「オット」の解説

オット Ott, Eugen

1889-1976 ドイツの外交官。
1889年4月8日生まれ。ドイツ国防省国防軍局長をへて,昭和9年駐日ドイツ大使館付武官として来日。13年駐日大使となり,日独伊三国同盟の締結を推進。ゾルゲ事件の責任をとわれ,17年に解任された。享年87歳。ロッテンブルク出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android