コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オプ・アート オプアート

2件 の用語解説(オプ・アートの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オプ・アート

オプティカルoptical・アート(視覚的・光学的美術)の略称。錯視効果(オプティカル・イリュージョン)を活用した作品を指す。1965年批評家ウィリアム・サイツによって企画されたニューヨーク近代美術館の展覧会〈感応する眼〉をきっかけとして広く知られるようになった。
→関連項目アルバースキネティック・アート

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オプ・アート
おぷあーと
op art

オプティカル・アートoptical artの略称。20世紀なかばに台頭した幾何学的抽象の一流派。1965年にニューヨーク近代美術館で「反応する目」と題する企画展が開かれ、にわかに注目を集めた。色彩や形態を精密かつ組織的に操作することで、観客の視覚に特殊な運動感、遠近感、点滅の感覚を引き起こす。オプティカルは「光学的」と訳され、また「網膜的」絵画ともよばれるように、人間の目の錯覚を利用した錯視の芸術である。しかし、60年代初頭のポップ・アートに続いておこり、語呂(ごろ)も似通っているために「オプ・アート」の名称で広くデザインやファッションの世界にも流行をみせた。代表的作家として、バウハウスの流れをくむビクトル・バザレリVictor Vasarely(1906―97)、ジョゼフ・アルバースをはじめ、ブリジッド・ライリー、リチャード・アヌスキウィッツRichard Anuszkiewicz(1930― )らがいる。これらの作家たちはしばしば知覚心理学の成果を応用し、視覚の残像現象による色彩と形態の転移と変化、網膜の過剰負荷がもたらす激しい運動感、図地反転による遠近感覚の混乱、といった錯視の原理に基づく作品を創造した。[石崎浩一郎]
『桑山弥三郎著『オプティカル・デザイン――錯視の効果をねらった幾何学造型』(1991・柏書房) ▽ニコス・スタンゴス著、宝木範義訳『20世紀美術――フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで』(1997・PARCO出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オプ・アートの関連キーワードOCRオプアート光IP電話光カード光ケーブル光磁気ディスク光ディスク光デバイス光ピックアップ光ファイバー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オプ・アートの関連情報