コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オンサーガー オンサーガーOnsager, Lars

6件 の用語解説(オンサーガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オンサーガー
オンサーガー
Onsager, Lars

[生]1903.11.27. クリスチャニア(現オスロ)
[没]1976.10.5. マイアミ
ノルウェー生れのアメリカの化学者,物理学者チューリヒスイス連邦工科大学に学ぶ。 1928年アメリカに渡り,35年エール大学から学位取得,45年同大学教授。 31年に,不可逆反応の一般論を樹立し,相反定理を導いた (→オンサーガーの相反定理 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オンサーガー(Lars Onsager)

[1903~1976]米国の物理学者・理論化学者。ノルウェー生まれ。不可逆過程に適用できる可逆定理を証明し、不可逆過程における熱力学の基礎を確立。液体ヘリウムの理論、希薄強電解質溶液の理論など多くの業績がある。1968年ノーベル化学賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

オンサーガー

米国の化学者,物理学者。オスロの生れ。1928年渡米,イェール大学助教授を経て1945年同大学教授,同年米国に帰化。相反定理(自然現象にある種の対称性が成立することを示したもの)が,熱や温度の関与する場合にも成立することを示し,不可逆過程(不可逆変化)における熱力学の基礎をつくった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オンサーガー【Lars Onsager】

1903‐76
ノルウェー生れのアメリカの化学者,物理学者。不可逆過程の熱力学の基礎となった〈オンサーガーの相反定理〉の発見の業績により,1968年度のノーベル化学賞を受けた。オスロに生まれて,国内の高等工業学校を卒業後,チューリヒのP.J.W.デバイのもとで学んだ。1928年アメリカに渡り,ブラウン大学で教職につき,電解質溶液の電気伝導度に関する研究を行うなかで相反定理を発見した(1931)。34年イェール大学助教授となり,45‐72年同大学の教授を務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

オンサーガー【Lars Onsager】

1903~1976) ノルウェー生まれのアメリカの化学者・物理学者。不可逆過程の熱力学の基礎をなす「オンサーガーの相反定理」を発見。また、希薄電解質溶液の電気伝導度、粘度の式を与えた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オンサーガー
おんさーがー
Lars Onsager
(1903―1976)

アメリカの物理学者、理論化学者。ノルウェー、オスロの生まれ。工科大学を卒業後、1928年アメリカに渡り、1934年エール大学准教授、1945年同大理論化学教授。1945年アメリカに帰化した。
 彼のもっとも重要な業績は、不可逆過程の熱力学に関する相反定理の導出である(1931)。不可逆過程熱力学の形成の歴史は熱力学第二法則の等式的表現への試みの歴史であるが、オンサーガーの相反定理、すなわち輸送係数の対称性を定める法則の出現によって、不可逆過程の熱力学の基礎が確立され、現象論的理論のもっとも基本的な定理として不可逆現象にかかわるあらゆる領域で用いられてきた。この相反定理導出にあたっての基本前提となった「平均崩壊過程の仮説」も重要である。彼は、ゆらぎの平均崩壊過程は巨視的法則に従うと考えた。このような不可逆現象の統計力学的考察は、今日の非平衡統計力学の展開に直接つながっている。
 広く知られている研究に希薄強電解質溶液の理論がある。外部電場が存在する場合に生ずる電気泳動的効果と緩和時間効果を導入してデバイ‐ヒュッケル理論を拡張し、電気伝導度に関する有名なオンサーガーの式を提出(1927)、ついで粘性(1933)、表面張力の理論(1934)を発表。また有極性液体の理論をたて誘電率の式を与えた(1936)。
 相転移の統計力学における仕事も意義深い。イジングE. Ising(1900―1998)の強磁性の理論(1925)に始まる格子統計理論は、今日の相転移論の中心となるものであるが、オンサーガー以前には、厳密な格子統計理論が相転移を示すかどうかはまだわかっていなかった。1944年、オンサーガーは抽象代数学を用いて二次元イジング格子問題の厳密解を求めることに成功し、相転移の存在を初めて証明した。さらに液体ヘリウムの理論と実験でも知られる。1968年、不可逆過程の熱力学の基礎の確立でノーベル化学賞を受賞した。[常盤野和男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オンサーガーの関連キーワードプラット修正ロシア映画キュリーククルイニクスイ幸徳秋水ブライアンアクリーションマグマ・ストーピングイラーセクイリンデン蜂起

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone