オーリニャック文化(読み)オーリニャックぶんか

精選版 日本国語大辞典 「オーリニャック文化」の意味・読み・例文・類語

オーリニャック‐ぶんか ‥ブンクヮ【オーリニャック文化】

〘名〙 (オーリニャックはAurignac) クロマニョン人によると考えられるヨーロッパ後期旧石器時代の文化フランス、ピレネー地方のオーリニャック遺跡標準遺跡とする。骨角器、女神像などに特色がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「オーリニャック文化」の意味・読み・例文・類語

オーリニャック‐ぶんか〔‐ブンクワ〕【オーリニャック文化】

フランス、ピレネー地方のオーリニャック(Aurignac)遺跡を標準遺跡とするヨーロッパの後期旧石器時代文化。前3万年ごろを中心とし、石器・骨器のほか、女人裸像(ビーナス像)や洞窟絵画などを残す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「オーリニャック文化」の意味・わかりやすい解説

オーリニャック文化 (オーリニャックぶんか)

フランス,ピレネー地方のオーリニャックAurignac遺跡を標準遺跡とする後期旧石器時代文化。この文化は寒冷期に出現し(第I期),やがて急激な気候温暖期をむかえる(第II期)。これはアルシー温暖期にあてられ,炭素14法によって3万0500年前ごろとされる。オーリニャック文化は,20世紀初頭,ムスティエ文化ソリュートレ文化の間に位置づけられ,その後H.ブルイユによって3期に区分された。さらにその前・中・後の各期はおのおのをシャテルペロン文化,オーリニャック文化,グラベット文化と呼ばれることになる。しかし他方この中期にあたるオーリニャック文化を第I~V期に細分し,それに並行してシャテルペロン文化とグラベット文化が一系列に連続して存在したとするD.ペイロニの説が提唱された。その説では後者をペリゴール文化と呼び,これもまた5期に細分される。ロジュリー・オートLaugerie Haute遺跡の層位,およびパトーPataud遺跡の発掘成果をみると,ブルイユ説よりもペイロニ説のほうが難点が大きいが,オーリニャック文化に関する編年学的問題はまだ解決されていない。オーリニャック型の石器の分布は極めて広い。西ヨーロッパのほか,バルカン,東ヨーロッパ,西アジア,アフガニスタン,中国,ケニアにも報告されているが,それらを同じ文化とする考えは今日ではとられていない。ベルギーからスペインまで,およびイタリアが分布域と考えられている。この文化の始まりは,骨製尖頭器と舟底形搔器の出現で特徴づけられ,後者は全時期を通しての指標となる。骨製尖頭器は幅広,基部割れ(第Ⅰ期)から菱形平面形(第Ⅱ期)となり,第Ⅲ期から第Ⅳ期には断面形が楕円形から円形になる。この文化を担ったのは新人であり,クロマニョン人は有名である。造形美術を残した最古の文化でもあり,フェラシーFerrassie遺跡出土の刻画石灰岩が知られる。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「オーリニャック文化」の意味・わかりやすい解説

オーリニャック文化
おーりにゃっくぶんか
Aurignacian

フランス、ピレネー地方のオーリニャック遺跡を標準遺跡とする後期旧石器時代前半の文化。前・中・後期に区分されていたが、のちに前期はシャテルペロン文化、後期はグラベット文化とよばれるようになり、中期のみをオーリニャック文化とよぶようになった。またシャテルペロン、グラベットの両文化を技術的同系列と考え、連続的にペリゴール文化の名で把握し、それにオーリニャック文化が併行したとする学説もある。しかし、この併行学説は最近否定される傾向にある。

 オーリニャック型の石器の分布はきわめて広い。西ヨーロッパから中国、およびアフリカのケニアからも報告されているが、それらを同じ文化とする考えは今日ではとられていない。西ヨーロッパでは3万年前ごろとC‐14の測定で年代が与えられるが、東ヨーロッパでは4万年前に近くなる。

 舟底形掻器(そうき)、獣鼻形掻器などの分厚い石器に特色がある。石刃の剥離(はくり)が初めて普遍的に行われる。この文化の始まりは基部割れの骨製尖頭(せんとう)器の出現に特徴づけられるが、骨製尖頭器の形態変化は時期細分の指標となる。また美術作品を残した最古の文化で、古拙的な画像をもつ刻画石灰岩(フェラシー遺跡)などがある。ただ、「オーリニャックのビーナス」とよばれ、広い分布をもつ女性小像はすべてグラベット文化に属するものである。文化の担い手は新人で、なかでも1868年に発見されたクロマニョン人、2体が並んで屈葬されていたグリマルディ人はよく知られる。

山中一郎

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「オーリニャック文化」の意味・わかりやすい解説

オーリニャック文化【オーリニャックぶんか】

ヨーロッパの後期旧石器時代前半の文化。中部フランスのオーリニャックAurignac洞窟にちなんで命名。3期に分かれ,前期のシャテルペロン文化は西欧から西アジアに分布し,片側が直刃で背に丸みをもつ石刃が特徴。中期は狭義のオーリニャック文化でもあり,ヨーロッパ全般に分布し,骨角器の存在が目だつ。野牛やトナカイの骨,象牙(ぞうげ)などで作った槍先(やりさき)や銛(もり)が使われた。カンタブリア地方の洞窟絵画や彫刻はこのころ始まったと考えられている。後期のグラベット文化はヨーロッパ中・南部に多く,前期に比べてナイフや石刃が進歩してやや小さくなり,骨角器は少ない。有名な〈ウィレンドルフのビーナス〉など彫像作品が出ている。前の二つは時代の差というよりも,地域による差とする説もある。
→関連項目剥片石器母神像

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「オーリニャック文化」の意味・わかりやすい解説

オーリニャック文化
オーリニャックぶんか
Aurignac culture

ヨーロッパの後期旧石器時代初頭の文化。広義にはグラベット文化をも含む。ヨーロッパ南部を中心に広く分布している。最も特徴的な石器は舟の竜骨のような形,もしくは鼻の形を思わせる削器であり,いずれも剥片につくられているものが多い。他のヨーロッパの後期旧石器文化では,ほとんどの石器は石刃につくられているのに対し,ここでは剥片が多用されている。骨角器も基部の割れた銛が特徴的である。マドレーヌ文化と並んで,洞窟芸術がこの文化期に多く彫られ,描かれている。特にフランス,ローセルの浮彫によるビーナス像が著名である。標準遺跡はフランス南部の同名の遺跡。シリア,ヨルダン,イスラエルなどの地域では,レバンタイン・オーリニャック文化がみられる。そこでは石器組成はオーリニャック文化のそれとよく似ているが,オーリニャック文化がどこで生れたかは明らかではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 「オーリニャック文化」の解説

オーリニャック文化(オーリニャックぶんか)
Aurignac

後期旧石器時代文化で,ヨーロッパが中心。名称はラルテーが,1860年にフランス,オート・ガロンヌ州オーリニャック洞窟を発見したことによる。ヴュルム第1間氷期から更新世(こうしんせい)末期まで続いた。主な石器は石刃(せきじん)(ブレード)であり,他に石匕(せきひ),石鑿(いしのみ),刻刀(ビュラン)などがある。南フランスおよび北スペインのいわゆるフランコ・カンタブリア芸術の初現も,中期オーリニャック期にあったといわれる。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版 「オーリニャック文化」の解説

オーリニャック文化
オーリニャックぶんか
Aurignac

旧石器時代後期に新人によってつくられた文化
アフリカ・ユーラシア大陸に分布。文化の特徴は,小型で軽い石刃の石器,骨角器・狩猟器具の発達,魚類の捕食,女性裸像の製作などにみられる。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android