コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイチュウ(回虫) カイチュウ

2件 の用語解説(カイチュウ(回虫)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カイチュウ(回虫)【カイチュウ】

世界に広く分布する線虫に属する寄生虫で,一般に小児がかかる率が高い。雄14〜30cm,雌20〜35cmで人体腸内寄生線虫のうち最大。糞便(ふんべん)中の卵が野菜やほこりによって経口感染する。
→関連項目カイニン酸寄生虫駆虫薬センチュウ(線虫)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カイチュウ【カイチュウ(回虫) round worm】

線形動物門カイチュウ科に属する人体寄生虫。カイチュウといわれるものには,このほか,カイチュウ科に属する寄生虫として,ブタカイチュウイヌカイチュウネコカイチュウウマカイチュウなどがあり,近縁のヘテロケイルス科に属するアニサキステラノバなどがある。後者は海産哺乳類のカイチュウである。ヒトの小腸に寄生するカイチュウの雌虫は体長20~35cm,体幅4~6mm,雄虫は体長14~30cm,体幅3~4mmと大型のセンチュウ(線虫)であり,古代ギリシアローマではミミズと混同されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカイチュウ(回虫)の言及

【寄生虫】より

…文献上でも《史記》の倉公伝など,古くから寄生虫についての記載があるが,寄生虫病についても詳しく記載している《諸病源候論》によると,7世紀初頭には伏虫,蚘虫,白虫,肉虫,肺虫,胃虫,弱虫,赤虫,蟯虫の9種の寄生虫が知られていた。伏虫,蚘虫,蟯虫は,それぞれジュウニシチョウチュウ(十二指腸虫),カイチュウ(回虫),ギョウチュウ(蟯虫)とされ,寸白虫ともいう白虫はジョウチュウの節片ではないかとされている。また蠱毒(こどく)といわれていたものの一部もジュウケツキュウチュウ感染ではないかとされている。…

※「カイチュウ(回虫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カイチュウ(回虫)の関連キーワード寄生虫寄生虫病サナダムシジストマ条虫類血液寄生虫線形動物線形虫カイチュウ軟体類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone