コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエデチョウ カエデチョウ Estrilda troglodytes; black-rumped waxbill

2件 の用語解説(カエデチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カエデチョウ
カエデチョウ
Estrilda troglodytes; black-rumped waxbill

スズメ目カエデチョウ科。全長 10cm。頭上から背,翼は灰褐色,胸腹部は淡灰褐色で,背と胸腹部には濃色の細かい横斑がある。腰と尾は黒色。過眼線は赤く,嘴も赤い。コンゴ民主共和国東北部からセネガルにかけてのアフリカ中央部に分布し,乾燥した草原,疎林に生息し,おもに種子を食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カエデチョウ
かえでちょう / 楓鳥
waxbill

広義には鳥綱スズメ目カエデチョウ科に属する鳥の総称で、狭義にはその1種をさす。同科Estrildidaeはエチオピア区、東洋区、オーストラリア区に広く分布し、カエデチョウ類16属62種、キンセイチョウ類5属13種、キンパラ類6属51種に分類されている。全長約10センチメートル、華やかな変化に富む色彩のものが多いが、褐色、灰色、黒が基調のものもある。日本には分布していないが、古くから輸入され多くの種が飼育されてきた。
 種としてのカエデチョウEstrilda troglodytesは全長約90ミリメートル。嘴(くちばし)は赤いろう細工状で過眼帯も赤い。体の上面は淡灰褐色、下面は淡桃色を帯び不明瞭(ふめいりょう)な横縞(よこじま)がある。アフリカ西部、チャド、スーダン、北西ウガンダなどのサバンナにすみ、小さな草むら、一かたまりの草などの根元の地上近くに、草で西洋ナシ形の横に入口のある巣をつくる。草本の種子、穀物を好むが、昆虫などの小動物もとる。類似種にアフリカ東部、中部、西部に分布するオナガカエデチョウE. astrildがある。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カエデチョウの関連キーワード楓鳥胡錦鳥青紅鳥紅雀カエデチョウ(楓鳥)キンセイチョウ(錦静鳥)コキンチョウ(胡錦鳥)ハタオリドリ(機織鳥)ヒワ(鶸)カエデチョウ科

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カエデチョウの関連情報