コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カゼクサ

百科事典マイペディアの解説

カゼクサ

ミチシバとも。本州〜九州,東アジアの道ばたや野原に普通にはえるイネ科の多年草。高さは30〜80cmになり,束生する。葉は多くは根生し,葉鞘(ようしょう)の上端には白毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カゼクサ【Eragrostis ferruginea (Thunb.) Beauv.】

空地や土手に生えるイネ科の雑草で,道端によく見られるからミチシバともいう(イラスト)。風草の名は漢名知風草に由来するという。多年草で大きな株を作る。茎は太めで,長さは50~80cm,枝分れしない。葉はおおむね根生で,長さ40cmの長い線形で,多数密生し,茎とともに強靱であるし,道端に生えるところから,子どもの間でこの草の先を結んで輪を作り,それに足を引っかけた人が転ぶといういたずらがある。夏から秋にかけて,長さ30cm前後の円錐花序を直立し,細いまっすぐな枝を密に出して,光沢があり褐紫色を帯びた小穂を無数につける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カゼクサ
かぜくさ / 風草
[学]Eragrostis ferruginea (Thunb.) Beauv.

イネ科の多年草。稈(かん)は株立ちし、高さ30~70センチメートル。草は表裏が反転する。8~10月、稈の先に多くの枝分れをする円錐(えんすい)花序をつくり、まばらに小穂をつける。花序分枝の上方に黄色の腺(せん)がある。小穂は披針(ひしん)形で長さ6~10ミリメートル。荒れ地や道端にみられ、本州から九州および朝鮮、中国、ヒマラヤに分布する。道路の切り通し傾斜面などの固定、緑化のために植えられる近縁のウィーピングラブグラス(シナダレカゼクサ)は、南アフリカ原産の多年草で、稈、葉ともに深く垂れ下がる。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カゼクサの関連キーワードウィーピングラブグラスミチシバ(道芝)ニワホコリナミブ砂漠人里植物風知り草風知草タケ力草道芝

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android