コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトー[小] カトー

2件 の用語解説(カトー[小]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カトー[小]【カトー】

ローマ共和政末期の政治家。大カトーの曾孫で小カトーCato Minor呼ばれるストア主義者,共和政的伝統の護持者。カエサルと対立,敗れて生地アフリカウティカで自殺。
→関連項目ブルトゥス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カトー[小]【Marcus Porcius Cato Uticensis】

前95‐前46
ローマの政治家。大カトーの曾孫で,小カトーCato Minorと呼ばれる。ストア哲学にたいする深い造詣に支えられた厳格な保守主義者で,元老院の支配を本質とするローマの共和政をあくまで守ろうとして,ポンペイウスカエサルなどの実力者に敵対した。後にこの2人が争った時には,多くの元老院議員とともにポンペイウスの側についてカエサルと戦い,ポンペイウスの敗死後は北アフリカに渡って保守派の残党を指導したが,追いつめられてウティカで自殺した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone