コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナムグラ Humulus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナムグラ
Humulus japonicus

クワ科のつる性一年草。日本全土,および中国,台湾に分布し,路傍や藪などに自生する。全草に鉤状とげがあって逆向きになっており,他物にからんで長く伸びる。対生する葉は有柄で5~7片の掌状に深裂し,裂片は披針形鋸歯があり,葉面はざらざらしている。雌雄異株。雄花穂には多数の雄花をつけ,緑色の葉片が5枚と黄色の (やく) がある。雌花穂は単一の雌花から成る短穂となり,痩果は扁円形で紫色の斑紋がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カナムグラ

日本全土,東アジアに分布するクワ科のつる性一年草。アサ科とされることもある。荒地野原はえ,茎や葉柄には小さい逆とげがあって,他物にからむ。葉は対生し,掌状に5〜7裂しざらつく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナムグラ
かなむぐら / 鉄葎
[学]Humulus japonicus Sieb. et Zucc.

アサ科の一年生つる草。茎や葉柄には小さな逆向きの刺(とげ)がある。葉は対生で長い柄があり、掌状で深く5~7裂し、長さ、幅ともに5~12センチメートル、基部は心臓形で縁(へり)に整った鋸歯(きょし)がある。両面に粗い毛があってざらつき、裏面に黄色の腺点(せんてん)がある。雌雄異株で花期は9~10月。雄花序は腋生(えきせい)し、大形でまばらな円錐(えんすい)花序をなし、多数の黄緑色の雄花をつける。雄しべ5本、花被(かひ)5枚、葯(やく)は淡黄色で長い花糸で下垂する。雌花序は球果状の広卵形で柄があり、包葉は緑色で花期後に増大し、果期に紫褐色を帯びる。痩果(そうか)は卵円形で長さ4~5ミリメートル、黄褐色で斑紋(はんもん)があり、かすかな毛がある。野原や荒れ地に生える雑草で、日本全土に生え、中国にも分布。中国名は葎草。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カナムグラの関連キーワード季節性アレルギーカラハナソウヤエムグラアカタテハつる植物八重六倉キタテハ黄蛺蝶花粉症ホップ八重葎水神手性根草執根草葎草刺毛勒草

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カナムグラの関連情報