コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カビール砂漠 カビールさばく Dasht-e Kavir

5件 の用語解説(カビール砂漠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カビール砂漠
カビールさばく
Dasht-e Kavir

イラン中央北部,塩分の多い大荒地。エルブールズ山脈南東の盆地にあり,最大幅約 390kmに及ぶ。ほとんど降雨のない気候と,激しい蒸発のために,析出した塩の層が湿原をおおっている。固そうにみえて危い底なしの沼のような湿地は居住に適さず,周辺の山地だけに集落がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カビール‐さばく【カビール砂漠】

Kavirイラン中北部に広がる砂漠。塩分を濃く含み、地表に塩の結晶が見られる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カビール砂漠【カビールさばく】

イラン高原の中央,エルブルズ山脈の南東方にある塩砂漠。東西約400km。気候は乾燥しほとんど降雨がないため蒸発が激しく,砂漠の表面に塩塊を形成している。流砂現象のために交通の大障害となっており,居住は周囲の山麓地帯に限定されている。
→関連項目イラン高原

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カビールさばく【カビール砂漠 Dasht‐e Kavīr】

イラン高原の北部にある砂漠。ホラーサーンの西,コム,カーシャーンヤズド近辺まで延びる。東西400km,南北100~200km,面積約4万7000km2,平均標高800m。その大部分では水は得られず,動植物の生息もなく,塩分の多い湿地と塩の砂漠が一面に広がる。前1万5000年ころには湖だったことが知られている。〈塩の砂漠Kavīr‐e Namak〉ともいう。南東方にはルート砂漠がある。【岡 正孝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カビール砂漠
かびーるさばく
Dasht-e-Kavr

西アジアのイラン高原中央部に広がる大砂漠。カビールとは塩砂漠の意で、その大部分は乾燥した塩と泥の平原である。しかし、塩分の少ない周辺部では植物が生育し、泉、井戸、カナート(地下水路)などによるオアシスが点在して、ナツメヤシや果物などの農作物がつくられている。[香川優子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カビール砂漠の関連キーワードミラーサーバーイラン高原ネフド砂漠ルート砂漠ルブアルハーリー砂漠ホラーサーンアサートン高原ホラサーンカリーム・ハーンラージャスターン[州]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone