コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カビール砂漠 カビールさばくDasht-e Kavir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カビール砂漠
カビールさばく
Dasht-e Kavir

イラン中央北部,塩分の多い大荒地。エルブールズ山脈南東の盆地にあり,最大幅約 390kmに及ぶ。ほとんど降雨のない気候と,激しい蒸発のために,析出した塩の層が湿原をおおっている。固そうにみえて危い底なしの沼のような湿地は居住に適さず,周辺の山地だけに集落がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カビール‐さばく【カビール砂漠】

Kavir》イラン中北部に広がる砂漠。塩分を濃く含み、地表に塩の結晶が見られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カビール砂漠【カビールさばく】

イラン高原の中央,エルブルズ山脈の南東方にある塩砂漠。東西約400km。気候は乾燥しほとんど降雨がないため蒸発が激しく,砂漠の表面に塩塊を形成している。流砂現象のために交通の大障害となっており,居住は周囲の山麓地帯に限定されている。
→関連項目イラン高原

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カビールさばく【カビール砂漠 Dasht‐e Kavīr】

イラン高原の北部にある砂漠。ホラーサーンの西,コムカーシャーンヤズド近辺まで延びる。東西400km,南北100~200km,面積約4万7000km2,平均標高800m。その大部分では水は得られず,動植物の生息もなく,塩分の多い湿地と塩の砂漠が一面に広がる。前1万5000年ころには湖だったことが知られている。〈塩の砂漠Kavīr‐e Namak〉ともいう。南東方にはルート砂漠がある。【岡 正孝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カビール砂漠
かびーるさばく
Dasht-e-Kavr

西アジアのイラン高原中央部に広がる大砂漠。カビールとは塩砂漠の意で、その大部分は乾燥した塩と泥の平原である。しかし、塩分の少ない周辺部では植物が生育し、泉、井戸、カナート(地下水路)などによるオアシスが点在して、ナツメヤシや果物などの農作物がつくられている。[香川優子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カビール砂漠の関連キーワードイスファハンセムナーン州ケルマーンイラン砂漠ナマク湖ヤズド州

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カビール砂漠の関連情報