カメルーン山(読み)カメルーンさん(英語表記)Mont Cameroun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カメルーン山
カメルーンさん
Mont Cameroun

カメルーン南西部,ボニー湾にのぞむ孤立峰の火山。標高 4070m。西部アフリカの最高峰。コニーデ型の,西部アフリカ唯一の活火山で,1909,22,54,59年に噴火記録がある。山麓付近は世界でも有数の多雨地帯で,年降水量1万 mmをこえ,熱帯雨林繁茂。南東部一帯にはアブラヤシ,ゴムのプランテーションがある。 1861年イギリス人 R.バートンが初登頂。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カメルーン‐さん【カメルーン山】

Mount Cameroon》カメルーン南西部、ギニア湾沿いにある活火山。同国最高峰(標高4095メートル)。玄武岩質の成層火山で、紀元前より十数回の噴火が記録されている。1922年には溶岩流が大西洋まで達し、1999年には山腹のプランテーションが大きな被害を受けた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カメルーン山
かめるーんさん
Mount Cameroon

アフリカ中西部、カメルーン西端のギニア湾沿いにそびえる孤峰の活火山。粗面玄武岩などからなる成層火山で、同国の最高峰(4095メートル)である。紀元前5世紀から、近くは2000年まで十数回の噴火記録があり、しばしば溶岩流も発生した。とくに1999年の噴火は、標高1400メートルの中腹からの割れ目噴火で、大量の溶岩が時速7~15メートルの速さで火口から6~7キロメートルまで流下し、バナナなどのプランテーションに大きな被害を与えた。また同じカメルーン火山列にあるニオス湖Lake Nyosでは、1986年に突然大量の二酸化炭素が噴出し、1746名の死者を出した。大部分が熱帯降雨林に覆われ、風上側の南西山麓(さんろく)では年降水量が約1万ミリメートルである。山腹の農園ではココア、ゴム、アブラヤシなどを栽培する。山頂部は雪を頂くこともある。[諏訪 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

カメルーン‐さん【カメルーン山】

カメルーン共和国南西部の火山。ギニア湾に近く西アフリカ最高。標高四〇九五メートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android