コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヤ(榧) カヤTorreya nucifera; Japanese torreya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヤ(榧)
カヤ
Torreya nucifera; Japanese torreya

イチイ科の常緑高木。本州,四国,九州の山野に自生するが,庭木としても植える。高さ 15~20mになる。樹皮は灰色でなめらかであるが,老木では縦にはげる。葉は革質で披針状線形,長さ2~3cmで先端はとがり,触れると痛い。表面は濃緑色で光沢があり,裏面は淡緑色で2本の気孔線がある。枝の左右に羽状につく。雌雄異株で,4月頃開花し雄花は枝の下面に並び,雌花は胚珠だけで枝先に1~2cmの楕円体となってつく。翌年秋に紫褐色に熟する。胚乳はあぶって食用にするほか,てんぷら用の高級油をとる。特に中部地方に産するシブナシガヤ T. nucifera var. shibunashigayaは最も品質がよい。材は土台,橋,桶,碁・将棋盤,駒などに用いる。種子を乾燥した生薬の「榧実 (ひじつ) 」は十二指腸虫駆除の効があるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カヤ【カヤ(榧) Japanese plum‐yew】

暖地の森林中に散生するイチイ科の常緑針葉樹(イラスト)。社寺の境内などにしばしば大木を見る。高さ25mにもなる高木で,小枝は対生する。葉は螺生(らせい)するが横枝では2列状となり,線形で長さ1.5~2.5cm,先はとがって触ると痛い。雌雄異株で,4~5月に開花し,雄花は前年枝の葉腋(ようえき)に単生して楕円形おしべは4輪生して多数,雌花は新枝の下部葉腋に2個ずつつく。このうち1個のみが翌年の秋に石果様に熟し,楕円形で長さ約3cm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カヤ(榧)の関連キーワードイヌガヤカヤラン蜂の子暖地

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android