コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラスガイ(烏貝) カラスガイ Cristaria plicata

1件 の用語解説(カラスガイ(烏貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カラスガイ【カラスガイ(烏貝) Cristaria plicata】

湖沼にすむ大型の黒いイシガイ科の二枚貝イラスト)。分布は中国を中心にシベリア朝鮮半島,日本に及ぶ。殻の長さ20cm,高さ12cm,膨らみ6cmになるが,大型の個体は長さ25cmを超える。表面は幼貝のときは黄緑色であるが成長とともに黒色となる。その色からカラスガイの名がついた。琵琶湖地方では淡水真珠養殖の母貝となる殻の厚いイケチョウガイ(イラスト)をオンガイというのに対して,殻の薄いこの種をメンガイと呼んで,雌雄と考えていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カラスガイ(烏貝)の関連キーワードミルガイ浅蜊石馬刀貝杓子貝花貝翁貝烏貝象貝皿貝忘貝

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone