コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラモジョン族 カラモジョンぞく Karamojong

2件 の用語解説(カラモジョン族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラモジョン族
カラモジョンぞく
Karamojong

ウガンダのカラモジャ地方に住むナイロ=ハム語(パラ=ナイル語)系の牧畜民。人口約 35万と推定される。伝統的な移牧生活を維持し,ウシの略奪を目的とした襲撃を近隣集団に対して行なう。農耕は女性が行ない,キビ,モロコシ類を栽培する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カラモジョンぞく【カラモジョン族 Karamojong】

東アフリカ,ウガンダ北東部のカラモジャ地区に居住する民族で,パラ・ナイル系テソ語群に属する固有の言語をもつ。人口約6万。標高1100~1400mに位置する生活圏は約10万km2の面積をもつ。この地域は,東部の山岳地帯,中央部の川辺林地帯,西部の平原地帯に分けられる。年間の平均降雨量は640~900mm,平原よりも山岳地帯に,10~3月よりも4~9月に,より多くの降雨をみる。生計の基盤は雑穀(モロコシ,ヒエ,トウモロコシなど),野菜(キュウリカボチャ),豆類,タバコなどの栽培と家畜(牛,羊,ヤギ)飼養に置かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカラモジョン族の言及

【ウガンダ】より

… このように多様な住民構成がみられるが,ビクトリア湖北方から西方にかけての肥沃な土地にはバントゥー語系の言語を話す農耕民が居住し,人口密度も高い。キョーガ湖の北方の乾燥地帯は人口密度も低く,ナイル語系のアチョリ族,ランゴ族,アルール族,ナイル・ハム語系のカラモジョン族,テソ族,スーダン語系のルグバラ族などが居住し,カラモジョン族などは牧畜民としての生活様式を強く保持している。ウガンダの公用語は英語で,共通語としてスワヒリ語も広まっている。…

※「カラモジョン族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カラモジョン族の関連キーワードEACウガンダ東アフリカ東アフリカ共同体アフリカ舞舞ホワイトアフリカ汎アフリカ主義アフリカデーウガンダ岩アフリカンダ岩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone