カルコファン鉱(読み)かるこふぁんこう(英語表記)chalcophanite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルコファン鉱
かるこふぁんこう
chalcophanite

二酸化マンガンの鉱物の一つ。主成分として亜鉛を含む。カルコファン鉱系鉱物の一員。三方型と三斜型の両方があるといわれ、日本のものは後者に属する。自形は六角板状のものとやや平らな立方体に近い菱面体(りょうめんたい)をなすものとがある。普通に産するものは粉末状黒色物質の集合。集落状、鍾乳(しょうにゅう)状をなすこともある。マンガン鉱物を多産する広域変成あるいは熱水鉱脈型亜鉛・鉛鉱床の酸化帯に産する。日本では宮城県玉造(たまつくり)郡岩出山(いわでやま)町(現、大崎(おおさき)市岩出山)池月鉱山(閉山)の熱水性鉱脈型亜鉛・鉛鉱床の酸化帯から報告されている。
 共存鉱物はクリプトメレン鉱、水マンガン鉱、ヘテロ鉱hetaerolite(化学式ZnMn3+2O4)、ウッドルッフ鉱woodruffite((Zn,Mn2+)Mn4+3O7・1~2H2O)、轟石(とどろきいし)、バーネス鉱、石英、カオリナイトなど。自形が観察できれば六角板状の輪郭、底面に平行な劈開(へきかい)。わずかにチョコレート色を帯びた条痕(じょうこん)は一つの特徴ではあるが、他の二酸化マンガンの鉱物、たとえば轟石などにもみられるので決め手とはならない。命名は空気中で加熱した際に出現する色が、銅鉱物のさびの色に似ることによる。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android