カルシウムチャネル遮断剤(Ⅳ群)(読み)カルシウムチャネルシャダンザイヨングン

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

カルシウムチャネル遮断剤(Ⅳ群)

製品名
《ジルチアゼム塩酸塩製剤》
《ベプリジル塩酸塩水和物製剤》
ベプリコール(MSD、第一三共)
《ベラパミル塩酸塩製剤》
ベラパミル塩酸塩(大興製薬、武田テバファーマ、武田薬品工業、鶴原製薬、日本ジェネリック)
ワソラン(エーザイ、マイランEPD)

 カルシウムチャネル遮断剤(カルシウム拮抗剤)は、心臓への興奮の伝わりを抑制して、心筋の緊張をやわらげ、正常な拍動のリズムに戻す薬です。抗不整脈剤のクラスⅣ群に分類されます。


 ベラパミル塩酸塩製剤は、急性期以外の狭心症や心筋梗塞、頻脈性不整脈(心房細動・粗動、発作性上室性頻拍)の治療に用いられます。また、小児の頻脈性不整脈(心房細動・粗動、発作性上室性頻拍)の治療にも使用されます。


 ベプリジル塩酸塩水和物製剤は、ほかの抗不整脈剤が使用できないか、または無効の場合の頻脈性不整脈持続性心房細動狭心症の治療に用いられます。


①過敏症状(発疹ほっしん、発熱、かゆみなど)をおこすことがあります。過敏症状をおこしたら使用を止め、すぐ医師に報告してください。


ベラパミル塩酸塩製剤で、心不全、洞停止、房室ブロック、徐脈、意識消失などの循環器障害、皮膚粘膜眼症候群多形滲出性紅斑たけいしんしゅつせいこうはん乾癬型かんせんがた皮疹などの重篤な皮膚障害がおこったときは、使用を中止してただちに医師に相談してください。そのほか、意識消失、高プロラクチン血症(ホルモンバランスが乱れ、女性化乳房などが現れる)、むくみ、肝障害がおこったり、頭痛めまい吐き気嘔吐などがおこることがあります。このような症状がおこったときは、必ず医師に相談してください。


 ベプリジル塩酸塩製剤で、QT延長、心室頻拍、心室細動、洞停止、房室ブロック、間質性肺炎、無顆粒球症がおこったときは、使用を中止してただちに医師に相談してください。そのほか、失神発作、肝障害、頭痛、めまい、吐き気、倦怠感けんたいかん、口やのどの渇きなどがおこることがあります。このような症状がおこったときは、必ず医師に相談してください。電解質異常(血清カリウムやマグネシウム低下など)やクモ膜下出血頭蓋内出血のある人は十分に注意してください。


 また、医師から指示された検査は必ず受けてください。


錠剤で、食後服用が原則です。ただし、1日の服用回数・1回の服用量については、医師の指示を守ってください。


 また、正しい服用ができるように、あらかじめ医師に自分の日常生活や仕事の状況をよく話して、無理なく服用できるような方法を指導してもらってください。


②過去にこの薬で過敏症状をおこしたことがある人、うっ血性心不全、高度の刺激伝導障害(Ⅱ度以上の房室ブロック、洞房ブロック)のある人などは、使用できません。医師に報告してください。


 ベプリジル塩酸塩製剤では、明らかな洞性徐脈、QT延長のある人、リトナビル、アタザナビル硫酸塩、ホスアンプレナビルカルシウム水和物、イトラコナゾール、アミオダロン塩酸塩(注射剤)、エリグルスタット酒石酸塩製剤を使用中の人には使えません。医師に報告してください。


③妊婦あるいは現在妊娠している可能性のある人は、使用できません。あらかじめその旨を医師に報告してください。


④子どもや高齢者は、使用量を誤ると副作用が強く出ます。家族の人も協力し、指示された服用量をきちんと守るようにしてください。


ベプリジル塩酸塩製剤は、めまいなどが現れることがあるので、自動車運転や危険を伴う作業にたずさわる人は、医師に相談してください。


⑥現在使用中の薬があったり、ほかに薬を使う場合には、必ず医師に相談してください。薬によっては、降圧剤βブロッカー製剤などの交感神経抑制剤、抗不整脈剤利尿剤強心剤、トリアゾール系抗真菌剤、フェニトイン製剤グレープフルーツジュースなどと併用すると効果が低下したり、副作用が出やすくなります。

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

関連語をあわせて調べる