コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルチャーセンター culture center

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルチャーセンター
culture center

企業が経営する各種の文化教養講座。経営主体は新聞社放送局などのマスコミ系,デパートなどの流通系企業が多い。講座の内容は大きく分けて,茶道や生花,美術,語学などのお稽古事的なものと,教養的な文化講演的なものとがある。いずれも,1970年代なかばから,電化製品の導入により家庭の主婦に時間的余裕が生じた結果,教養を身につけたいという欲求に応えて登場したものである。これによって,主婦に新しい交遊の機会を与えただけでなく,カルチャーセンターで学んだ主婦からプロの作家が輩出されるなど,新しい流れが生れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

カルチャーセンター

民間が設置している生涯学習施設の一般的な呼称。既に1960年前後に設けられていたが、都市中心全国普及し始めたのは60年代半ば以降。実施主体は新聞社系、デパート系、放送局系、その他に分かれている。89年、全国民間カルチャー事業協議会が組織された。近年では公(自治体)が施設を提供、民間が運営する公設民営方式が登場。

(新井郁男 上越教育大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カルチャー‐センター(culture center)

新聞社・デパートなどが主催する、社会人を対象とした常設の教養講座。カルチャースクール。
文化施設が多く集まっているところ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カルチャーセンター

主として民間が設置している生涯教育施設の一般的呼称。1970年代半ば以降,都市を中心に全国に普及。女性の社会的進出や余暇時間増大背景にある。実施主体として新聞・放送関係機関が早くから取り組み,百貨店公民館などの公共機関がこれに続いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

カルチャーセンター

趣味・教養講座を指すが、英語では「文化の中心」の意味になってしまうので、ご注意。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

カルチャーセンター

culture+center〕
新聞社などが開講する、社会人を対象とした教養講座。学芸・趣味など多岐にわたる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

カルチャーセンターの関連キーワードティワナク:ティワナク文化の宗教的culture schoolポンピドゥー・センターハワイのモルモン教寺院ポンピドゥーセンター総合公園だて歴史の杜日本のおもな植物園田原坂(熊本県)フルーツ チャン原語別外来語集エスプラッツ小坂井 雅敏大分県佐伯市重兼 芳子鏡リュウジイリガライ吉森 正隆コピー文化駒田 信二婦人学級

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルチャーセンターの関連情報