コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルドゥッチ カルドゥッチ Carducci(Carducho), Bartolommeo

7件 の用語解説(カルドゥッチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルドゥッチ
カルドゥッチ
Carducci(Carducho), Bartolommeo

[生]1560頃.フィレンツェ
[没]1610. マドリード
スペインの画家,建築家,彫刻家。フィレンツェで B.アンマナーティと F.ツッカロのもとで修業。のちツッカロとともにスペインに渡り,エルエスコリアル図書館修道院フレスコ画などを制作した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カルドゥッチ
カルドゥッチ
Carducci, Giosuè

[生]1835.7.21. ペルシリア,バルディカステロ
[没]1907.2.16. ボローニャ
イタリアの詩人,古典学者。 1906年ノーベル文学賞受賞。カルボナリ党員で医者の父から幼時より古典文学自由思想を学んだ。リソルジメント (国家統一運動) の渦中にあって,ダンテ以来の国民文学の伝統を掲げ,新古典主義を唱えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カルドゥッチ(Giosuè Carducci)

[1835~1907]イタリアの詩人・古典学者。古典的理想主義の確立を提唱。荘重・典雅な詩を書いた。1906年、ノーベル文学賞受賞。詩集「擬古詩集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カルドゥッチ

イタリアの詩人。末期ロマン派の退廃的傾向と,まだ年若い統一国家イタリアの裏切られた理想を前にして,古典古代詩やイタリアの古典作家に学んだ詩の改革を図り,新古典派の流れに連なる詩作を営んだ。
→関連項目パスコリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カルドゥッチ【Giosuè Carducci】

1835‐1907
イタリアの詩人,文学者。マッツィーニ支持派だった父とともに,トスカナ各地を転々とし,荒涼たる沼沢地帯に幼少年期を送った。この間,ほとんど独学でギリシア・ラテンの古典文学に親しむ。師範学校を卒業して教職につくと,反ロマン主義文学のサークルを結成して詩作を進めた。だが,まもなく政治的理由から職を奪われ,貧窮のうちに詩作と古典研究に専念する。反逆の意志と古典的形式美を追求する姿勢の同居するこの時期の作品は,後に《青春の季》(1871)に収められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カルドゥッチ【Giosuè Carducci】

1835~1907) イタリアの詩人・古典学者。ロマン主義を批判し、ギリシャ・ローマに範を取る新古典主義の詩風を確立した。詩集「青春の季」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルドゥッチ
かるどぅっち
Giosu Carducci
(1835―1907)

イタリアの詩人、文学者。マッツィーニを支持して故郷を追われた父とともに、トスカナ地方の荒涼たる沼沢地帯を転々としながら幼・少年期を送る。この間、ほとんど独学でギリシア・ラテンの古典文学に親しむ。師範学校を卒業して教員になると、反ロマン主義文学のサークルを結成し、詩作に打ち込む。だが、まもなく職を奪われ、貧窮のうちに詩作と古典研究に没頭する。反逆の意志と古典的形式美を追求する姿勢の同居するこの時期の作品群は、のちに『詩集』(1871)のなかに「青春の季」と題して収められた。やがてボローニャ大学に迎えられると、ミシュレユゴープラーテンゲーテの影響を受け、民主共和制支持の立場を鮮明にするとともに、国家統一を妨げるカトリック教会を激しく攻撃する『魔王賛歌』(1863)、『短長格と長短格詩編』(1867~79)を書いた。しかしイタリア王国によるローマ併合が成功したころから、激しい論争調はしだいに影を潜め、歴史上のできごとや愛を主題にして、古典的な形式と均整を重んじた『新韻集』(1861~86)や、代表作『擬古詩集』(1893)に収められる作品を完成した。その後、かつての共和制を排して王制を支持したため、激しい非難を浴びた。ほかに、膨大な古典研究論文などがあり、国家版全集30巻に収められている。1906年にはノーベル文学賞を受賞した。[川名公平]
『河島英昭・川名公平訳『カルドゥッチ』(『ノーベル賞文学全集23』所収・1971・主婦の友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルドゥッチの関連キーワードイタリア文学クリスピクレプスコラーリコラッツィーニマッツィーニイタリアン砂に消えた涙グエラッツィラマッツィーニソッツィーニ,L.

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カルドゥッチの関連情報