コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルバン主義 カルバンしゅぎCalvinism

翻訳|Calvinism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルバン主義
カルバンしゅぎ
Calvinism

宗教改革者カルバンの影響を受けて展開したプロテスタント主義の一系統をさす。改革派教会あるいは長老派とも呼ばれる。そのなかにはカルバン自身の考え方を修正,変形したものも含まれる。旧・新約聖書の本質的一致,神の主権と自由,国家に対する教会の自由の強調などを特徴とするが,なかにはこれらを形式的に強調するあまり,聖書が一言一句神の霊感を受けたとする逐語霊感説や,神の救いは人間の意志とは無関係にすでに決定されているとする決定論的予定説なども説かれ,オランダではアルミニウス派の反発を招いたが,ドルト教会会議 (1618~19) は,このような厳格な形式主義的理解を貫いた。しかし,他方カルバンの精神は,イギリス国教会ではピューリタンに影響を与え,ドイツ西部ではメランヒトンの神学思想と触れることによって,ハイデルベルク信仰問答 (1563) にみられるような穏健なドイツ・カルバン主義を生んだ。さらに旧約と新約とを契約という一点において統一的に理解するカルバンの思想はコクツェーユス契約神学を生み出した。国家に対する教会の自由の強調はユグノー,ピューリタンを経て人民主権の思想を育成し,その労働の倫理 (世俗内禁欲) は初期資本主義の思想的基盤となった (M.ウェーバー) 。経済的には,カルバンの教説は利潤追求を積極的に肯定したため,新興市民階級に受入れられて資本主義精神の根底となったとされている。また政治的には,カルバン主義は教会組織や信仰態度において平等主義や個人主義を鼓吹したので,人民主権理念に立つ民主主義運動の源泉となったとされている。事実,ピューリタン革命,ユグノーの闘争,オランダ独立戦争などにおいてカルバン派は民主主義の旗手であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カルバン‐しゅぎ【カルバン主義】

カルバンの主張に基づく、キリスト教のプロテスタントの教義。聖書を最高の権威と考え、組織的な神学を樹立し、厳格な信仰生活を強調。長老派会衆派バプテストなどの諸教会に大きな影響を与え、さらに政治・経済・社会・思想の各分野にわたって、英国や米国でも近代市民社会の成立に大きく貢献した。カルビニズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カルバン主義の関連キーワードフリードリヒ3世[ファルツ伯]ウェストミンスター信仰告白シュタッフォルト信仰告白書ドシテオス[エルサレム]対抗レモンストラント派スコットランド信仰告白ピエール ジュリュークリプト・カルバン派レモンストラント派オランダ改革派教会スコットランド教会ウィグルズワースコールブリュッゲケンブリッジ綱領マールブルク大学ピューリタニズムジュネーブ聖書ジュネーブ大学プレトリウスデブレツェン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android