コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンパニュラ カンパニュラ 〈ラテン〉Campanula

4件 の用語解説(カンパニュラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カンパニュラ(〈ラテン〉Campanula)

キキョウ科カンパニュラ属(ホタルブクロ属)の植物の総称。フウリンソウ・ホタルブクロ・イワギキョウなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カンパニュラ【bellflower】

キキョウ科ホタルブクロ属Campanulaの植物。Campanulaはラテン語起源のことばで,小さい釣鐘の意であり,英名も花の形が釣鐘状であるところから名付けられた。代表的な種はフウリンソウC.medium L.(英名Canterberry bell)(イラスト)で,高さ80~100cmに達し,根生する葉は卵状披針形で葉縁はやや波状となり,5~6月ころ太く粗毛があって直立する茎を伸ばし,小枝を分枝してピラミッド状になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カンパニュラ【Campanula】

キキョウ科ホタルブクロ属の植物の総称。日本の山野に自生するホタルブクロ・イワギキョウや,園芸用・切り花用に栽培するフウリンソウ・ヤツシロソウなど。 [季] 夏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンパニュラ
かんぱにゅら
bell flower
[学]Campanula

キキョウ科ホタルブクロ属の総称。多くは多年草であるが一、二年草もある。北半球の温帯に300種分布し、日本にはイワギキョウ、チシマギキョウ、ホタルブクロ、ヤツシロソウなどが自生する。花は漏斗(ろうと)状鐘形または筒形で5裂し、頂生または腋生(えきせい)する。花色は白、青紫などで濃淡の変化がある。果実は(さくか)で種子は微小である。冷涼で乾燥した気候でよく育つ。花壇、鉢植え、切り花用とするが、食用になる種類もある。
 同属のフウリンソウ(風鈴草)canterbury bells/C. medium L. は南ヨーロッパ原産の二年草。高さ30~60センチメートルで、5~8月に藤青、桃白色の鐘状花を開く。八重咲き種もあり、花壇、切り花用とする。耐寒性は強いが、夏の多湿には弱い。モモノハギキョウ(桃葉桔梗)peach leaf bell flower/C. persicifolia L.は北ヨーロッパから西アジアに分布する多年草。茎は直立し高さ0.3~1メートルで全株無毛。匍匐(ほふく)根があり、根出葉は長柄をもち細いへら状長楕円(ちょうだえん)形で、開花期にはなくなるときもある。5~6月、長さ径とも2.5センチメートル、淡紫青または白色の広鐘形花を開く。白色八重咲きまたは半八重咲きの変種も多数あり、花壇にもよいが切り花用が多い。春の実生(みしょう)で翌年開花する。株分けは秋にする。根出葉の耐寒性は強いが、夏の高温多湿に弱いので高冷地での栽培によい。オトメギキョウ(乙女桔梗)dalmatian bell flower/C. portenschlagiana Roem. et Schilt.は南ヨーロッパ、バルカン地方原産の多年草。高さ10~15センチメートルと小形で全株無毛。茎はやや直立または横に伸びてよく分枝し、濃緑色の心臓状円形葉をつける。5~6月、漏斗状鐘形で径1センチメートルの青紫色花を上向きまたはやや横向きにいっぱいつける。花形、花つきともよく強健で、繁殖力も強く、古くから栽培されている。半耐寒性で、日当りのよい所で育て、寒冷地では冬期の保護が必要。花期後、根茎を株分けして殖やす。[冨樫 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカンパニュラの言及

【ホタルブクロ(蛍袋)】より

…キキョウ科の多年草(イラスト)。山地の日当りのよい道路わきや林縁の草地にふつうに生える。花は総状につき,花冠は大きくつり鐘状で,長さ4~5cmにもなり,ツリガネソウともいう。ホタルブクロの名は,花がホタルを入れる袋にたとえられたという説と,〈火垂(ほた)る袋〉つまり提灯にたとえられたものだという説がある。日本全国のほか朝鮮や中国にも分布し,夏から秋にかけて咲く。茎は高さ40~80cm,全体に白色のあらい毛が多い。…

【ホタルブクロ(蛍袋)】より

…キキョウ科の多年草(イラスト)。山地の日当りのよい道路わきや林縁の草地にふつうに生える。花は総状につき,花冠は大きくつり鐘状で,長さ4~5cmにもなり,ツリガネソウともいう。ホタルブクロの名は,花がホタルを入れる袋にたとえられたという説と,〈火垂(ほた)る袋〉つまり提灯にたとえられたものだという説がある。日本全国のほか朝鮮や中国にも分布し,夏から秋にかけて咲く。茎は高さ40~80cm,全体に白色のあらい毛が多い。…

【イトシャジン】より

…シベリア,中部ヨーロッパ,北アメリカに広く分布している。カンパニュラ類(英名bluebell)の重要な園芸植物にもなっている。茎は高さ15~40cm,根生葉の柄は長さ3~10cm,葉身は円形で径0.5~3cm,数個の粗い鋸歯がある。…

※「カンパニュラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カンパニュラの関連キーワードホタルブクロ(蛍袋)ベルフラワー桔梗袋釣鐘草弦袋蛍草経袋鐘形花春袋蛍袋

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンパニュラの関連情報