コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンポ カンポcampo

翻訳|campo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンポ
campo

ブラジルに発達する,樹木を伴う草原。年降水量 1000~1700mmぐらい。単子葉草本の葉は狭く硬く,双子葉草本の葉は小型で厚く,退化して茎に同化するもの,水分貯蔵に役立つ節をもつものもあり,耐乾性の強い構造を示す。熱帯地域にあって疎生する低木を伴うものはサバナの一種で,カンポ・セラド campo cerradoと呼ばれる。南部のパラナマツ広葉樹を伴うものはカンポ・スジョ campo sujo,木を伴わないものをカンポ・リンポ campo limpoという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カンポ

主としてブラジル南部に広がる草原。やせた土壌と比較的乾燥した地域で,低木を交えたイネ科の草を主としたサバンナ地帯。リオ・グランデ・ド・スル州の大半,ミナス・ジェライス州東部や南マト・グロッソ州の高原のほか,アマゾン川下流地域や北部海岸地域にも分布する。
→関連項目サバンナブラジル高原マト・グロッソ[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カンポ【campo[ポルトガル]】

主としてブラジルの南部に分布する,イネ科草本を中心とした草原。この草原は,やせた土壌,割合に乾燥している地域に分布するもので,ときには小灌木や藪が,まばらに混在している地域もあり,このようなカンポをカンポ・スージョ(よごれたカンポ)と呼び,これに対し,小灌木などの混在しないカンポをカンポ・リンポ(きれいなカンポ)と呼ぶ。カンポは,三つの地域に分布する。第1は,リオ・グランデ・ド・スル州の大半で,年雨量が1500mm前後,年平均気温は18~20℃で乾季があり,土壌のやせた地域である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カンポ【Campo】

ブラジル高原の中央に広がるサバンナ草原地帯。肉牛の牧畜やコーヒー・綿花・トウモロコシの栽培が行われる。カンポス。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンポ
かんぽ
Campo

ブラジル中部のブラジル高原上に、約200万平方キロメートルの広さに分布するサバンナ(カンポ・セラード)および草原(カンポ・ソンポ)をいい、これらが分布する地域名として用いられることもある。ブラジル北東部の半乾燥地域にみられる刺(とげ)のある低木林(カーチンガ)をカンポに含めることもある。カンポ・セラードはブラジル高原特有のサバンナで、草原の中に幹や枝が曲がりくねった低木が散開した景観をなす。年降水量1000~1500ミリメートル、年間4~7か月の乾期がある地域に分布する。樹木の多くは乾期に落葉するが常緑のものもある。草本は乾期に枯れ、野火が頻発する。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカンポの言及

【ベネチア】より

…それらの間をリオrioと呼ばれる約150の運河が巡っており,島相互を結ぶ橋の数は400に及ぶ。モザイクの一片にあたる各島は,本来,教区(パロッキア)に相当し(近代を迎えるまでは約70の教区があった),教区教会堂と,方言でカンポcampoと呼ばれる広場をもち,住民にとっての生活共同体となっていた。 町の中心を逆S字形に大運河(カナル・グランデ)が貫き,中世からバロック時代にかけての華やかな貴族住宅や各国の商館の並ぶ幹線水路となっている。…

※「カンポ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンポの関連情報