コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーケンドール効果 カーケンドールこうかKirkendall's effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーケンドール効果
カーケンドールこうか
Kirkendall's effect

2つの種類の異なる金属を密着させて加熱すると,その境界面が移動する現象。 1947年 E.O.カーケンドールにより発見された。完全に原子が充填されている結晶ならば,異種原子の侵入は不可能のはずであるが,結晶内に原子空孔があり,それが熱運動で移動すると考えれば,空孔を媒介として異種原子の侵入すなわち拡散が説明できる。したがって,この効果の発見は原子空孔の存在を証明するものとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カーケンドール‐こうか〔‐カウクワ〕【カーケンドール効果】

二つの異なる種類の金属を密着させて加熱すると、その境界面が移動する現象。結晶内の空格子点が熱運動で移動し、それを介して金属原子が拡散すると考えられている。1947年に米国の化学者カーケンドールが発見。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

法則の辞典の解説

カーケンドール効果【Kirkendall effect】

2種の合金の接触境界面が原子の拡散によって移動すること.カーケンドール(E. O. Kirkendall)は,純銅黄銅との境界面にモリブデンの細線を埋め込んだ試料を使い,高温で保持して拡散を行わせた(モリブデンは銅や亜鉛とは反応しないので,最初の境界面の位置を示すマーカーとなる).時間とともに測定を繰り返した結果,黄銅側から純銅へと拡散した物質の量が,純銅側から黄銅へ拡散した物質量よりもずっと多いこと,つまり亜鉛原子のほうが銅原子よりも拡散速度が大きいことが判明した.この結果をもとに合金成分の拡散の原子的機構を解明し,拡散係数を決定するのにきわめて有効であった.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android