カーペット(英語表記)carpet

翻訳|carpet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーペット
carpet

床用の敷物絨毯 (じゅうたん) ,緞通 (だんつう) ,毛氈など,主として羊毛を材料としたパイル織,もしくはシャトル織の厚手のもの,その他木綿,麻,植物,化学繊維を素材とするものなど,製法や形状も多様。 19世紀まで,テーブルクロスにも用いられたが,今日ではもっぱら敷物に使用される。ラッグと混用されることもあるが,通常,ラッグは床の一部をおおうものをさし,カーペットは床一面に敷きつめる点で異なる。手織のカーペットは,すでに旧石器時代より樹皮を用いて製作されたと推定され,各地で各種のカーペットの発達をみた。代表的なものにトルコ絨毯,中国の緞通,イギリスのアクスミンスター・カーペットウィルトン・カーペットペルシア絨毯などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カーペット(carpet)

絨緞(じゅうたん)。また、それに似た体裁に作られた敷物。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集の解説

カーペット

製法別に見た場合、タフテッド、ウィルトンタイルカーペットなどがあり、材質はウール・アクリル・ナイロン・ポリプロピレン・ポリエステルなどがある。抗菌・防ダニ加工したものや、ホルムアルデヒドを吸着するが再放出しにくいものなどもある。→タフテッドカーペットウィルトンカーペット、タイルカーペット、ニードルパンチカーペット

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

カーペット【carpet】

絨緞じゆうたん。敷物。毛氈もうせん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のカーペットの言及

【敷物】より

…すわる風習の場合には,すわりごこちを快適にするのが主目的であるが,椅子式の風習の場合には,室内を美化することと足ざわりを柔らかくするのが目的である。前者には,むしろ,ござ,畳,座布団などがあり,後者には,緞通(だんつう),絨毯(じゆうたん)(カーペット),ラッグやマットなどがある。カーペットは所定の場所に固定して敷きつめるもの,ラッグは暖炉の前などに飾りに敷いたりする小型で任意の場所に随時に用いられるもの,マットはだいたい粗末な材料で作ったもので,浴場の足ふき(バス・マット)や玄関の靴ふきなどに用いられる。…

【絨毯】より

…カーペットcarpet,ラッグrugとも呼ばれるが,これらは広く敷物に使われる織物一般をさし,絨毯はとくにパイルpile(添毛)組織による敷物をいう(輪奈(わな)織)。絨緞とも書く。…

※「カーペット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カーペットの関連情報