カーリット(英語表記)carlit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

爆薬の一つ。スウェーデンの O.B.カールソンが 1896年に完成させた発明を,浅野総一郎が採用して生産を始め,「カーリット」と命名した。日本で発達した爆薬過塩素酸アンモニウム主剤とし,これにケイ素鉄,木粉,重油,ジニトロナフタリンなどを混ぜ,紙筒に詰め,パラフィン紙で包装したもの。金属鉱山,土木炭鉱で用いる。最近は,あまり使用されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

過塩素酸塩爆薬の通称。過塩素酸塩(として過塩素酸アンモニウム)を基剤とする爆破薬の総称。スウェーデンのO.B.カールソンの発明を浅野総一郎が工業化。過塩素酸アンモニウム75%,ケイ素鉄16%,木粉6%,重油3%からなる黒カーリットは爆発熱がきわめて大きいが,一酸化炭素や塩化水素ガスを発生する。今日では硝安油剤爆薬などに代わられつつある。
→関連項目火薬爆破薬発破

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

過塩素酸アンモニウムを主成分とし,これにケイ素鉄,木粉,重油などを加えた爆薬。発明者スウェーデンのカールソンO.B.Carlsonにちなんで名づけられた。日本だけで製造され使用されていたが,今日ではその使用量は少なくなり,含水爆薬硝安油剤爆薬がこれに代わりつつある。【吉田 忠雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウェーデンのカールソンOscar Birger Carlson(1873―1928)の発明した、過塩素酸塩を基剤とし、その含有量が10%を超える爆薬。とくに日本で発達し、日本カーリット株式会社で独占的に製造された。成分は過塩素酸アンモニウム、ケイ素鉄、木粉、重油などである。威力は強いものの、あとガス(後ガス)に問題があるので、石灰石の露天掘りなどに使われたが、後ガスを改良して坑内用にも使われた。硝安油剤爆薬や含水爆薬がカーリットにかわって用いられており、1998年(平成10)以降は製造されていない。[吉田忠雄・伊達新吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Carlit) 過塩素酸アンモニウムを主成分とする爆薬の商標名。土木作業などに使用。スウェーデン人のカールソンが発明。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

NH4ClO4を主成分とする爆薬の日本における商品名.発明者,スウェーデンのO.B. Carlsonに由来する.主剤のほか,可燃成分なども含む.高感度で主用爆薬の一つ.ロケット固体推進薬の酸化剤にも用いられる.ただし,従来用いられていた土木採石などには,より安価なアンホ爆薬(硝安油剤)のほうが主用される方向にある.[別用語参照]過塩素酸アンモニウム

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android