コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーリット carlit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーリット
carlit

爆薬の一つ。スウェーデンの O.B.カールソンが 1896年に完成させた発明を,浅野総一郎が採用して生産を始め,「カーリット」と命名した。日本で発達した爆薬過塩素酸アンモニウムを主剤とし,これにケイ素鉄,木粉,重油,ジニトロナフタリンなどを混ぜ,紙筒に詰め,パラフィン紙で包装したもの。金属鉱山,土木,炭鉱で用いる。最近は,あまり使用されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カーリット(Carlit)

過塩素酸アンモニウムを主成分とする爆薬の商標名。土木工事などに使用。スウェーデンのカールソン(O.B.Carlson)が発明。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カーリット

過塩素酸塩爆薬の通称。過塩素酸塩(主として過塩素酸アンモニウム)を基剤とする爆破薬の総称。スウェーデンのO.B.カールソンの発明を浅野総一郎が工業化。過塩素酸アンモニウム75%,ケイ素鉄16%,木粉6%,重油3%からなる黒カーリットは爆発熱がきわめて大きいが,一酸化炭素や塩化水素ガスを発生する。
→関連項目火薬爆破薬発破

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カーリット【carlit】

過塩素酸アンモニウムを主成分とし,これにケイ素鉄,木粉,重油などを加えた爆薬。発明者スウェーデンのカールソンO.B.Carlsonにちなんで名づけられた。日本だけで製造され使用されていたが,今日ではその使用量は少なくなり,含水爆薬硝安油剤爆薬がこれに代わりつつある。【吉田 忠雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カーリット【Carlit】

土木作業などに使う過塩素酸塩爆薬の商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーリット
かーりっと
Carlit

スウェーデンのカールソンOscar Birger Carlson(1873―1928)の発明した、過塩素酸塩を基剤とし、その含有量が10%を超える爆薬。とくに日本で発達し、日本カーリット株式会社で独占的に製造された。成分は過塩素酸アンモニウム、ケイ素鉄、木粉、重油などである。威力は強いものの、あとガス(後ガス)に問題があるので、石灰石の露天掘りなどに使われたが、後ガスを改良して坑内用にも使われた。硝安油剤爆薬や含水爆薬がカーリットにかわって用いられており、1998年(平成10)以降は製造されていない。[吉田忠雄・伊達新吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カーリットの関連キーワードカーリットホールディングス過塩素酸塩爆薬浅野 総一郎土木作業ムゾレワ吉田忠雄ドミニカ工業爆薬混合火薬爆発薬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android