コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カールスタード Karlstad

2件 の用語解説(カールスタードの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カールスタード【Karlstad】

スウェーデン中央部のベルムランド県の県都。人口7万6000(1990)。中世に集会,市場が開かれ,1584年にカール公(後のカール9世)によって都市の特権を与えられた。19世紀にテグネール,イェイイェルフレーディング,A.フリクセル,F.A.ダールグレンなど同国の代表的文化人が輩出した。現在,金属・機械・繊維・製材・家具工業が盛んで,またベーネル湖沿岸最大の港を有し,木材の積出港としても有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カールスタード
かーるすたーど
Karlstad

スウェーデン中部、スベアランド地方の港湾・工業都市。人口8万0748(2001)。ベーネルン湖の北岸に位置し、「陽光のカールスタード」の名がある。機械、製材、パルプ、火薬などの工業が行われる。1584年カール公から市権を得て町が発足し、以後、行政・商業都市として発展した。火災により焼滅すること数度に及んだが、19世紀に港の建設、製材業の勃興(ぼっこう)、イョータ運河の開通があり、町は栄えた。18世紀建立の大聖堂がある。[中島香子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カールスタードの関連キーワードスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンボリスウェーデンリレークローナエステルマルムスウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーディッシュ・エルクハウンドスウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カールスタードの関連情報