カーン(Louis Isadore Kahn)(読み)かーん(英語表記)Louis Isadore Kahn

  • 1901―1974

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの建築家。エストニア生まれ。1905年、家族とともにアメリカに移住する。24年にエコール・デ・ボザール(フランス国立美術学校)の建築教育課程に準じたペンシルベニア大学建築学科を卒業し、以後1930年代までフィラデルフィアの建築設計事務所でドラフトマン(製図技師)として働く。25年にはアメリカ合衆国建国150年祭国際博覧会本館(フィラデルフィア)の設計のチーフデザイナーを務める。31~34年、金融恐慌による不況の下、カーンは失業中の30人ほどの建築家やエンジニアを組織し、フィラデルフィアの住宅環境を調査研究し、スラム・クリアランスslum-clearance(不良住宅の撤去による都市の浄化)や都市計画および新工法の研究を行う。37年には合衆国住宅局(USHA)の顧問建築家となり、多くの公共住宅団地の建設に携わる。35年にカーンはパートナーとともに設計事務所を設立するが、その後解散し48年から74年の死去に至るまで1人で設計活動を行う。

 1947年エール大学建築学科の非常勤講師着任がカーンにとって転機となり、以後、大学のキャンパス計画や公共建築などを手がける。48年より同教授、57年以後はペンシルベニア大学建築学科教授、71年に同名誉教授となる。大学で教職に就きながら設計活動を行う「プロフェッサー・アーキテクト」として、寡作ながらも独自の設計手法と設計哲学を確立した。

 カーンは近代建築の造形と理論を拡張し、ミース・ファン・デル・ローエ、ル・コルビュジエと並んで近代建築の巨匠と呼ばれる。カーンの建築観を表現した「形態は機能を呼び起こす」という言葉は、ミースの「形態は機能にしたがう」やル・コルビュジエの「住宅は住むための機械」とともに近代建築の原理を示す有名な言葉である。また、カーンは「建築家にとって平面とは、光の下にある空間構造の法則を表す物。構造は光を与える者」という。正方形や円や三角形などの幾何学形態の平面に、それ以上シンプルにしようのない機能を配置し、建築のフォーム(かたち)を決定付けるというミースともル・コルビュジエとも異なった計画手法を確立したのである。

 カーンの設計する空間は、コンクリートや煉瓦(れんが)積みの分厚い壁でつくられており、古典建築との関連を指摘されることが多い。これは同時代のガラスや細い柱でつくられる、開放的で流動的なモダニズム建築のあり方と対照的である。壁によって囲まれ分節された空間は、カーンが「サーブド・スペースとサーバント・スペース」とよぶ計画手法により、機能と構造によって明確に区別される。階段やユーティリティなど機能的な部分は中空の空間に収められ、利用者が自由に移動したり活動する空間と明確に二分されるのである。

 1940年代を通じてカーンの仕事は、わずかな住宅作品を除いてほとんどは合衆国住宅局顧問としての住宅計画であった。個人の建築家としての仕事は50歳代になってからであり、遅咲きの建築家である。重要な建築作品は死去するまでの20年間に集中している。

 エール大学のアートギャラリー(1953、ニュー・ヘブン)において、コンクリートによる構造でミース・ファン・デル・ローエのユニバーサル・スペース(普遍的空間。機能のフレキシビリティを確保するために柱や壁を設けない)的な平面を実現し、世界的に注目された。以後、ペンシルベニア大学リチャーズ医学研究所(1961、フィラデルフィア)、ブリン・モア女子大学寄宿舎(1965、ペンシルベニア州)、ソーク研究所(1965、カリフォルニア州)、ファースト・ユニテリアン教会(1967、ニューヨーク)、エール大学のポール・メロンセンター(イギリス学術研究所。1969、ニュー・ヘブン)、エクセター図書館(1972、ニュー・ハンプシャー州)などでは、古代ローマ以来の古典的な建築がもっていた空間と機能が結びついた計画論を実現し、高い評価を得る。

 そのほかの作品では、バングラデシュ国会議場(1962、ダッカ)は大規模な建築であるが、煉瓦積みの壁とアーチによる開口部という工法を用い、光とマッス(量塊)だけの表現で古代ローマ建築への接近をみせ、ガラスやカーテンウォールによる表現に慣れ切った建築界に衝撃を与えた。その延長にはインド経営大学(1963、アーメダバード)がある。キンベル美術館(1972、フォート・ワース)では、長大なスパンのボールト状(アーチ状)のコンクリート屋根のユニットを繰り返している。シンプルな構造の表現であるが、天窓から流れ込む光と相まって内部空間は流動的である。

[鈴木 明]

『前田忠直編訳『ルイス・カーン建築論集』(1992・鹿島出版会)』『中村敏男編『ルイス・カーン――その全貌』(『a+u』1975年9月臨時増刊号・エー・アンド・ユー)』『工藤国雄著『ルイス・カーン論――建築の実存と方法』(1980・彰国社)』『アレクサンドラ・ティン著、香山壽夫・小林克弘訳『ビギニングス――ルイス・カーンの人と建築』(1986・丸善)』『デヴィッド・B・ブラウンリー、デヴィッド・G・デ・ロング編著、東京大学工学部建築学科香山研究室監訳『ルイス・カーン――建築の世界』(1992・デルファイ研究所)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android