コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガスクロマトグラフィー ガスクロマトグラフィー gas chromatography

翻訳|gas chromatography

6件 の用語解説(ガスクロマトグラフィーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガスクロマトグラフィー
ガスクロマトグラフィー
gas chromatography

移動相に気体を用いるクロマトグラフィー。 GCまたは GLC (気液型) と略記。固定相には液体を用いる場合と固体を用いる場合があり,前者を分配型 (気液) クロマトグラフィー,後者を吸着型 (気固) クロマトグラフィーという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガス‐クロマトグラフィー(gas chromatography)

気体あるいは気化させた液体・固体試料を、適当な充填剤を詰めた管中に通し、試料成分と充填剤との相互作用による移動速度の差を利用して、各成分を分離する方法。定性分析定量分析を行うことができる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガスクロマトグラフィー

気体状態で試料の分離を行うクロマトグラフィーカラムガラスステンレス製の細長い管)に活性炭シリカゲル,シリコーングリース等をしみこませたケイ藻土などをつめて,これに試料を気体として通じて吸着させた後,水素,ヘリウムなどの気体(キャリヤーガス)を流して試料成分をそれぞれの吸着性の差によって展開させる。
→関連項目ガス分析モレキュラーシーブ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ガスクロマトグラフィー

 GCと略す.ガス液体クロマトグラフィーを通常簡便にガスクロマトグラフィーという.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ガスクロマトグラフィー【gas chromatography】

試料の成分ガスを分離し、定性と定量を行う化学分析法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガスクロマトグラフィー
がすくろまとぐらふぃー
gas chromatography

移動相が気体のクロマトグラフィーをいい、固定相が固体か液体かによってそれぞれを気‐固クロマトグラフィー、気‐液クロマトグラフィーとよんで区別する。気体の試料、あるいは高温試料室で気化できる液体または固体の試料の分離や定量に広く利用されている。カラム(分離管)には、吸着性固体粉末、あるいは均一な粒度をもった不活性な固体(固定相となる液体を保持するもので、これ自身は各種ガスに対し吸着能をもたず、表面積が大きいものが用いられる。担体solid supportという)に非揮発性液体を薄い膜として含浸させた固体粉末を詰め、それを恒温槽中に入れて一定温度に保つ。前者を利用するのが気‐固クロマトグラフィー、後者が気‐液クロマトグラフィーである。これらの充填(じゅうてん)物を詰めたカラムにヘリウム、窒素などのような不活性ガス(キャリヤーガス)を流しておき、その流れの中に一定量の試料を気相状態で導入する。試料中の各成分は、カラムの温度でのそれぞれの蒸気圧と充填物との相互作用、キャリヤーガスの流速に依存する速さでカラム中を移動する。適当な特性をもった固定相と十分な長さのカラムがあれば、両相の相互作用によって、試料中の各成分がキャリヤーガスとの二成分系として順次カラムの出口から各成分に分離されて出てくる。気‐固相間では吸着が、気‐液相間では分配がその相互作用のおもなものである。後者はヘンリーの法則で示される。出口から運び出された各成分は検出器に到達し、そこでその量が記録紙上に記録される。得られる山形の図形をクロマトグラムといい、その位置から定性分析を、高さあるいは面積の測定から定量分析を行う。固定相固体にはアルミナ、シリカゲル、活性炭などがあり、固定相液体にはポリエチレングリコール、パラフィン、シリコーン油などがよく用いられている。検出器には、気体の種類により熱伝導度の異なることを利用した熱伝導度検出器(TCD)や、流出ガスに水素を混ぜて燃焼させたり、あるいは放射線を照射してガスをイオン化し、適当な電界中での電流を記録する各種のイオン化検出器、また、ある特定成分に対して異常に高い感度を示すいわゆる選択的検出器、たとえばハロゲン、ニトロ基などを含む親電子成分に対する電子捕獲検出器(ECD)、有機リン化合物、窒素化合物に対する熱イオン化検出器(FTD)、有機リン、硫黄(いおう)に対する炎光光度検出器(FPD)など多くの種類が開発されている。このように検出器の種類が多く、感度も高いため、試料の蒸気圧は微少でよい。このため、かなり高沸点の試料まで測定できる。[高田健夫]
『小島次雄他著『ガスクロマトグラフ法』(1985・共立出版) ▽河合聡著『ガスクロマトグラフィ入門 薬学・医学・農学への応用』増補改訂版(1987・三共出版) ▽寒川喜三郎・大栗直毅編著『熱分解ガスクロマトグラフィー入門』(1994・技報堂出版) ▽日本分析化学会ガスクロマトグラフィー研究懇談会編『キャピラリーガスクロマトグラフィー』(1997・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガスクロマトグラフィーの言及

【クロマトグラフィー】より

… 41年,マーティンArcher John Porter Martin(1910‐ )とシングRichard Laurence Millington Synge(1914‐94)は吸着剤のかわりに液体を用いる方法(液‐液クロマトグラフィー)を開発した。以後,ろ紙を用いる方法,イオン交換(1947)や分子ふるい(1959)などの現象を利用する方法,液体を流すかわりに気体を流す方法(ガスクロマトグラフィー,1952)などがつぎつぎに出現し,急速に進歩発展した。
[分離法の種類と原理]
 分離には通常二つの相が必要とされる。…

※「ガスクロマトグラフィー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガスクロマトグラフィーの関連キーワードイオンクロマトグラフガスクロマトグラフィー-質量分析法逆相クロマトグラフィー吸着カラムクロマトグラフィー昇温クロマトグラフィー調製用クロマトグラフ分配クロマトグラフィー薄層クロマトグラフ法 (thin layer chromatography(TLC))ガスクロマトグラフ質量分析法 (gas chromatograph mass spectrometry(GC/MS))ガスクロマトグラフ法 (gas chromatography (GLC))

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガスクロマトグラフィーの関連情報