コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラ がらgala(仏)

知恵蔵の解説

ガラ

元はフランス語で「特別な催し」「社交界のお祭り」の意。従ってバレエ・ガラといえば特別バレエ公演。大勢のスター・ダンサーが競演し、それぞれソロやパ・ド・ドゥを披露する。

(鈴木晶 舞踊評論家 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ガラ(gala)

祭典。お祭りのための特別興行。ガーラ。「ガラコンサート」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

ガラ

大暴落のこと。「瓦落」から転じたといわれ、よほどの急激な暴落でない限りこうは呼ばない。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

ガラ【gala】

祭典。祝祭。ガーラ。 「 --コンサート」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガラ
がら
Galla

エチオピア南部のシダモ地方を中心に居住する民族で、オロモOromoと自称する。エチオピア最大の民族集団で、周辺集団を加えると総人口5800万人(1997)の4割にも達する。エチオピア人種に属し、ハム系のクシ諸語に属するガラ語を話す。代表的なハム系民族で、イスラム教を信仰しており、エチオピアの支配的民族でキリスト教化したセム系のアムハラ人とは多くの点で対立する。以前はソマリアの低地に住んでいたが、16世紀中ごろソマリア人に追われてエチオピアの高地に移住し、エチオピア南部のほぼ全域を占拠した。その後、各地で小王国を築いたが、20世紀初めにエチオピア帝国へ吸収された。もともとウシ、ウマ、ヒツジ、ラクダなどを飼う牧畜民であり、現在は大部分が農耕民として定着しているものの、ウシの飼育には力を入れている。ガダとよばれる円環型の年齢階梯(かいてい)組織をもつことで有名。これは高度に発達した軍事・政治組織で、部族のすべての男子成員は8年ごとにくぎられた年齢集団に属し、それぞれの集団に戦士、政権担当などの役割が付与されている。[片多 順]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ガラの関連キーワードこんなあなたに食べていただきたいエフゲーニャ オブラスツォーワピーター ハーボルツハイマーウァレンティニアヌス[3世]世界バレエフェスティバルランベール ウィルソンアラン ボッチンスキーガラ・プラキディア廟秋田なまはげラーメンインゴルフ ヴンダー大平(愛知県の地名)サルバドール・ダリガラパゴス携帯電話テオドロス[2世]ボニファティウス銭形平次捕物控レンディーレ族イデオロジストガラコンサートクリソログス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガラの関連情報