コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリ Gary, Romain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガリ
Gary, Romain

[生]1914.5.8. モスクワ
[没]1980.12.2. パリ
フランスの小説家。飛行士として第2次世界大戦に参加,戦後は外交官としてアメリカなどに駐在するかたわら創作に従事,現代文明の非人間性をきびしく告発する作品で知られる。処女作『ヨーロッパの教育』 Éducation européenne (1945) 以下,『チューリップ』 Tulipes (46) ,『大更衣室』 La Grande Vestiaire (48) ,『空の根』 Les Racines du ciel (56,ゴンクール賞) ,『L夫人』 Lady L (63) など。死後,『これからの一生』 La Vie devant soi (75) でゴンクール賞を得た作家エミール・アジャールが実はガリ自身 (甥が身代りをつとめた) であることが明らかにされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ガリ

エジプトの政治家,国際政治学者。カイロ大学,パリ大学教授を務め,1977年エジプトの外相となる。1979年のイスラエルとの〈キャンプ・デービッド合意〉の立役者。
→関連項目アナン国際連合デ・クエヤル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のガリの言及

【ガリア】より

…古代ローマ人が〈ガリGalliの居住地〉に与えた名称で,ガリとは,ギリシア人がケルタイと呼んだケルト人のことである。フランス語,英語ではゴールGaule,Gaul。…

【ケルト人】より

…西ヨーロッパの歴史世界を構成する民族の一つ。ギリシア語でケルトイKeltoi,ラテン語ではケルタエCeltaeまたはガリGalliとよばれた。広域にわたる分布のため,人種的特性は一定しない。…

※「ガリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガリの関連キーワードジプシー・スケール[gypsy scale]フランチェスコ トラーパニそれでも地球は動いているガル(加速度の単位)ハンガリアン・ビズラガリレイの相対性原理ガリレイの惰性法則パオロ ブルガリガリレイ式望遠鏡ガリレオ式望遠鏡ガリレオの苦悩ガリレイの生涯ガッリ・クルチ探偵ガリレオ真夏の方程式ガリレオ衛星ガリレオ計画サイトウガヤガリレオ裁判ビビアーニ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガリの関連情報