コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キサンガニ キサンガニ Kisangani

5件 の用語解説(キサンガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キサンガニ
キサンガニ
Kisangani

コンゴ民主共和国北東部,オリエンタル州の州都。1966年までスタンレービル Stanleyville。赤道のやや北,コンゴ川上流のルアラバ川沿岸に位置。探検家ヘンリー・M.スタンレーをはじめヨーロッパ人のかつての前進基地で,1883年ヨーロッパ人が建設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

キサンガニ(Kisangani)

コンゴ民主共和国北東部の都市。旧称スタンリービルコンゴ川中流のボヨマ滝付近に位置する。古くからアラブ人の交易の要地であり、19世紀末、探検家ヘンリー=スタンリーが訪れ、町を開いた。20世紀初頭に鉄道が開通し、農産物の集散地、工業都市として発展した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キサンガニ

コンゴ民主共和国北東部,ザイール川コンゴ川)沿いの都市。旧名スタンリービル。ザイール川中流の河港で上流50kmにスタンリー滝がある。南方約100kmのウブンドゥまで鉄道も通ずる交通の要地。
→関連項目コンゴ[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キサンガニ【Kisangani】

中部アフリカコンゴ民主共和国(旧,ザイール)の中央北部,コンゴ川の中流に沿った港町。オート・コンゴ州の州都。人口41万8000(1994)。かつてはスタンリービルと呼ばれ,首都レオポルドビル(現,キンシャサ),南部のエリザベートビル(現,ルブンバシ)に対抗する政治経済の中心であった。旧名は1883年探検家H.スタンリーによって開かれたことにちなむ。キンシャサから1700kmある河川航路の終点で,1906年さらに内陸に通ずる鉄道が開通して,商工業の中心として発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キサンガニ
きさんがに
Kisangani

アフリカ中部、コンゴ民主共和国(旧ザイール)北東部の都市。東部州の州都。旧称スタンリービルStanleyville。人口49万7800(2001推計)。コンゴ(ザイール)川上流にあるボヨマ滝スタンリー滝)の下流右岸に位置する。古くから開けた町で、1877年に探検家スタンリーが訪れたときは、東アフリカからきたアラブ人の通商の要地であった。またベルギーの植民地時代には内陸部開発の拠点となった。1960年の独立以降のコンゴ動乱の時期には、ルムンバ派のギゼンガの率いる国民党の拠点となり、64年、ベルギー軍の落下傘部隊が降下し大きな被害を受けた。その後復興し、内陸部の行政、経済、交通の中心地、また農畜産物の集散地、工業都市として発展している。キンシャサからのコンゴ川の河川交通の終点であり、ワゲニア人の簗(やな)漁は観光の目玉となっている。[赤阪 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キサンガニの関連キーワードカナンガコンゴ共和国コンゴ川コンゴ民主共和国マウンテンゴリラ中部アフリカウバンギ[川]コンゴ[川]スタンリー・プールルバ族

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone