コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キョウジョシギ Arenaria interpres; ruddy turnstone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キョウジョシギ
Arenaria interpres; ruddy turnstone

チドリ目シギ科。全長 21~26cm。は短く,やや上にそって黒い。夏羽(→羽衣)の雄は頭頂は白地に黒斑があり,後頸から頸側は白い。顔は白く,眼先から眼の後ろまでと,眼から下に向かって顎線につながる黒帯がある。これはさらに下の胸の黒い部分と,頸側,肩から伸びる黒帯につながる。背,雨覆羽は栗色だが,背脇と肩下,雨覆羽の先に黒い斑が帯状に連なる。腹と下尾筒,上尾筒は白い。尾は黒く,先が白い。雌は雄の背面の色が灰褐色がかってやや地味。冬羽は雌雄似て,喉は白いが,顔の他部位は灰褐色になる。また,頭部以下の背面が黒褐色で,栗色を欠く。北極圏で繁殖し,繁殖後はヨーロッパ西部や北半球の亜熱帯から南半球温帯に渡る。ツンドラ地帯に巣をつくり,おもに繁殖期は昆虫を,非繁殖期は干潟などにすむ無脊椎動物を食べる。日本には春秋の渡りの途中に干潟,河原,水田などに多数渡来し,九州地方以南には越冬するものもいる。(→渉禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キョウジョシギ

シギ科の鳥。翼長16cm。小型のシギで,くちばしがやや上にそる。雄の成鳥は頭から胸にかけて黒と白の縞模様があり,背は赤褐色。雌はやや地味な色。ユーラシアから北米のツンドラ地帯で繁殖し,南方へ移動して越冬する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キョウジョシギ【turnstone】

少し上に反った短いくちばしと赤いあしをもった中型のチドリ目シギ科の鳥(イラスト)。ユーラシア大陸の北極海沿岸の大部分,北アメリカ大陸の北極海沿岸部,バンクス島バフィン島グリーンランドなどで繁殖し,冬は熱帯地方や南半球で越冬する。日本には旅鳥として,春と秋に多数渡来し,海岸や河口の干潟,海岸の岩場,川の岸や中州,海岸近くの水田やハス田などにすむ。全長約22cm。夏羽では顔に黒と白の模様があり,背と翼は赤褐色と黒と白の斑で,胸は黒くて腹は白い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キョウジョシギ
きょうじょしぎ / 京女鷸
turnstone
[学]Arenaria interpres

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。ユーラシアおよび北アメリカの極北部で繁殖し、冬は南へ移動するが、南半球まで渡るものもある。日本には春と秋に旅鳥として渡来する。全長約22センチメートル、翼長約15センチメートル、背は赤褐色で顔から胸にかけて黒い線模様があり、腹部は白い。嘴(くちばし)は短くて、少し上に反っている。足は短くて赤い。干潟、入り江、水田、川岸などにいて群れをつくっている。嘴を石や土塊の下に突っ込んでひっくり返し、その下にいる小動物などを食べる習性がある。これが英名の由来である。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キョウジョシギの関連キーワード高野伸二

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android