コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルヒホフ キルヒホフ Kirchhoff, Gustav Robert

6件 の用語解説(キルヒホフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キルヒホフ
キルヒホフ
Kirchhoff, Gustav Robert

[生]1824.3.12. ケーニヒスベルク
[没]1887.10.17. ベルリン
ドイツ物理学者ケーニヒスベルク大学に学び,ブレスラウ大学員外教授 (1850) ,ハイデルベルク大学教授 (54) ,ベルリン大学数理物理学教授 (75) 。 1849年,キルヒホフの電気回路の法則を,59年キルヒホフの放射法則を発見した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

キルヒホフ
キルヒホフ
Kirchhoff, Johann Wilhelm Adolf

[生]1826
[没]1908
ドイツの古典文献学者。ベルリン大学教授。主著"Euripides" (2巻,1855) ,"Plotinus" (2巻,1856) ,"Die Homerische Odyssee und ihre Entstehung" (1856) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キルヒホフ

ドイツの物理学者。ケーニヒスベルク大学を出て,1854年ハイデルベルク大学教授。定常電流に関するキルヒホフの法則(1849年),熱放射に関するキルヒホフの法則(1860年)を発見,以後ブンゼンと協力してスペクトル分析を創始,分光学の基礎を築いた。
→関連項目ヘルツホイヘンスの原理リップマン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キルヒホフ【Gustav Robert Kirchhoff】

1824‐87
ドイツの物理学者。ケーニヒスベルクの生れ。生地の大学に在学中にF.E.ノイマンの影響を受ける。1850年にはブレスラウ大学で員外教授となり,ここでR.W.ブンゼンと出会った。54年にはブンゼンの招きでハイデルベルク大学に移り,75年にはベルリン大学の理論物理学教授のポストに就いた。科学上の業績は多岐にわたっている。1840年代の電信技術の著しい発展の中で,導体中の電流の問題が数多く論じられ,キルヒホフも,ノイマンの影響を受けて定常電流に関する研究を行い,オームの法則を一般化してキルヒホフの法則を導いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

キルヒホフ【Gustav Robert Kirchhoff】

1824~1887) ドイツの物理学者。黒体放射の法則、定常電流に関するキルヒホフの法則を発見。また、ブンゼンとともに分光学の基礎を築いた。熱学・弾性学・音響学の研究も多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キルヒホフ
きるひほふ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキルヒホフの言及

【黒体】より

…それに当たるあらゆる放射(光)を完全に吸収してしまう仮想上の物体。熱放射に関するキルヒホフの法則を証明するための思考実験に当たり,1860年にG.R.キルヒホフ自身が想定した。以来,今日に至るまで熱放射に関する基本的な結果(シュテファン=ボルツマンの法則,ウィーンの変位則,プランクの放射則)はすべて黒体に対して定式化されている。…

【死水】より

…(1)流れの中に物体をおいたとき,物体下流では流体がほとんど静止した領域が生ずるが,この部分を死水という。粘性の小さな流れの中におかれた物体に働く抵抗を説明するために,G.R.キルヒホフ(1869)らが提唱した概念である。死水との境界は自由流線と呼ばれ,その上および内部の圧力は無限遠の圧力に等しく,無限に延びるものとする。…

※「キルヒホフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キルヒホフの関連キーワードケーニヒスベルクケーニヒスベルク大学ゾンマーフェルトウィーヒェルトケーニヒスベルク大聖堂ケーニヒスベルクの橋ケーニヒスベルクの問題ケーニヒスベルガー,J.G.ケーニヒスベルク城ミュラー(ケーニヒスベルクの)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キルヒホフの関連情報