コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギヨーム[ムールベーカの] Guillaume de Moerbeke

1件 の用語解説(ギヨーム[ムールベーカの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ギヨーム[ムールベーカの]【Guillaume de Moerbeke】

1215ころ‐86ころ
フランドル出身のドミニコ会士。1272‐78年まで教皇の礼拝堂付き司祭および聴罪司祭を務め,78年コリント大司教に任ぜられ没するまでその要職にあった。学問史上における彼の最大の貢献は,多数の学術書をギリシア語からラテン訳したことにある。《アリストテレス全集》の完訳が著名であるが,ほかにアルキメデスヘロン,プロクロス,シンプリキオス等の翻訳も彼の手になる。【高橋 憲一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のギヨーム[ムールベーカの]の言及

【アルキメデス】より

…そのほか,ヒエロン2世の王冠の金の純度を見分けた有名な逸話と関係のある〈アルキメデスの原理〉の発見(《浮体について》)や,大数の呼名を体系化する(《砂粒を数えるもの》)など,アルキメデスの研究の特色は,理論と実際との結合を目ざしていることであろう。 こうしたアルキメデスの研究は,中世初期のラテン世界では,二,三の基本的な著作の翻訳がなされただけであったが,1269年にムールベカのギヨームによりほとんどの作品がラテン訳され,以後西欧の学者に大きな影響を与えることになった。たとえば,1543年にこのギヨームの訳がタルターリアによって印刷され,それがガリレイの力学研究の出発点になったことは有名である。…

【ウィテロ】より

…光学への関心はこのころめばえたらしい。ビテルボ教皇庁での知人のムールベーカのギヨームに献呈された主著《光学》全10巻は73年ころに完成されたと推定される。グロステストやR.ベーコンの影響を受け,光学を自然学の基礎とみなした。…

※「ギヨーム[ムールベーカの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ギヨーム[ムールベーカの]の関連キーワードラテラノ公会議栄西ジョン天灯鬼忽必烈マグナカルタ竜灯鬼康弁古事談ゴール朝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone