コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロマメノキ

百科事典マイペディアの解説

クロマメノキ

北半球の寒帯に広く分布し,北海道,本州の亜高山帯以上にはえるツツジ科の落葉低木。高さ30〜60cm,よく分枝し,葉は互生,倒卵形で,大きさは環境により変わる。夏,枝先に数個の花をつける。
→関連項目高山植物ブルーベリー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロマメノキ
くろまめのき
[学]Vaccinium uliginosum L.

ツツジ科の落葉低木。高さ30~80センチメートル。小枝は丸くて毛がない。葉は互生し、倒卵形または倒卵円形、長さ1~3センチメートル、質はやや堅く、毛はなく、裏面は白色を帯び細脈が隆起する。6、7月、前年枝の先に、壺(つぼ)形で紅色を帯びた白色の花が1~3個開く。花冠は長さ5~7ミリメートルで先は浅く5裂し、雄しべは10本。果実は球形ないし楕円(だえん)形、径7~10ミリメートルで、9月ころ紫黒色に熟し、白粉を帯びる。中部地方以北の本州、北海道の亜高山帯から高山帯の日当りのよい湿地に生え、北半球の亜寒帯に広く分布。浅間山には多く野生し、果実をアサマブドウとよんでいる。果実は甘くて食べられ、ジャムや果実酒にし、または等量の砂糖を混ぜて砂糖漬けにする。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クロマメノキの関連キーワードクロウスゴ(黒臼子)ミヤマモンキチョウカラフトルリシジミアサヒヒョウモンシロチョウクロウスゴ小林義雄岳胡頽子ベリー類浅間葡萄竹胡頽子亜寒帯

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android