コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グアヤコール guaiacol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グアヤコール
guaiacol

ο-メトキシフェノール,カテコールモノメチルエーテルともいう。化学式 C6H4(OCH3)OH 。カテコールのメチル化によってつくられる。グアヤク脂の乾留物に存在する。 28℃で固化する。特異臭のある白色か淡黄色の固体で,光や空気の存在で褐色を帯び,液体になりやすい (沸点 204~206℃) 。バニリンの実験室的製造原料,去痰剤として使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グアヤコール

クレオソールとともにクレオソートの主成分をなすフェノール類。特異の芳香を有する結晶。融点28.3℃,沸点205℃。水に難溶,多くの有機溶媒可溶。塩化第二鉄水溶液により緑色を呈する。ブナの木タール分留,カテコールのアルカリ性水溶液に硫酸ジメチルの作用などで得られる。防腐殺菌薬。歯科の消毒,鎮痛,腸内発酵抑制の目的で用いることがある。(図)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

グアヤコール【guaiacol】

ブナの木タール中に存在する特殊な臭気のある結晶。化学式 C7H8O2 防腐剤・殺菌剤・去痰剤に用いられるほか、香料バニリンの原料となる。グアイアコール。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グアヤコール
ぐあやこーる
guaiacol

正しくはo(オルト)-メトキシフェノールあるいは2-メトキシフェノールという。グアヤック樹脂の乾留によって得られたのでこの慣用名がある。またブナの木(もく)タール中にも含まれる。特異臭のあるやや黄みを帯びた白色の結晶。1,2-ジヒドロキシベンゼン(慣用名カテコール)やo-メトキシアニリン(慣用名o-アニシジン)から製造される。香料のバニリンの製造に利用される。水にはわずかにしか溶けないが、有機溶媒に溶ける。[徳丸克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のグアヤコールの言及

【クレオソート】より

…木材の乾留によって得られる,ほとんど無色か淡黄色の油状の液体で,煙のような臭気と強い焼くような味がする。グアヤコールとクレオソールを主成分として,その他高級フェノール類の混合物。初期にはブナが用いられたが,現在ではカシ,モミジ,マツなども使用される。…

※「グアヤコール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

グアヤコールの関連キーワードグアヤコール(データノート)グアヤコール反応オイゲノールクレオソールエステルしょうゆかぜ薬胃腸薬

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android