グラックス(英語表記)Gracchus

翻訳|Gracchus

デジタル大辞泉の解説

グラックス(Gracchus)

(Tiberius Sempronius~)[前162~前133]古代ローマの政治家。護民官として土地所有の改革を行ったが、反対派に暗殺された。
(Gaius Sempronius~)[前153~前121]古代ローマの政治家。の弟。兄の遺志を継ぎ、土地・穀物・市民権の改革立法を進めたが失敗し、自殺した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

グラックス【Gracchus】

〔Tiberius Sempronius G.〕 (前163~前133) 古代ローマの政治家。護民官となり、大土地所有の制限と土地の再分配による中堅農民層の再建を図ったが、反対派に暗殺された。
〔Gaius Sempronius G.〕 (前153~前121) 古代ローマの政治家。の弟。兄の遺志を継ぎ、護民官として改革を推進。元老院権限の縮小を図ったが失敗、内乱の中で自殺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

グラックス

[一] (Tiberius Sempronius Gracchus チベリウス=センプロニウス━) ローマの政治家。(二)の兄。護民官となり、土地占有の制限と自作農の再建とを含む新土地法を成立させたが、その後、反対派に殺害された。(前一六二頃‐前一三三
[二] (Gaius Sempronius Gracchus ガイウス=センプロニウス━) ローマの政治家。(一)の弟。護民官となり、兄の遺業を継いで土地問題の解決、市民権賦与の拡大をはかり、また元老院の勢力を弱めようと試みて失敗、自殺した。(前一五三‐前一二一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報