コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラックス Gracchus

翻訳|Gracchus

デジタル大辞泉の解説

グラックス(Gracchus)

(Tiberius Sempronius~)[前162~前133]古代ローマの政治家。護民官として土地所有の改革を行ったが、反対派に暗殺された。
(Gaius Sempronius~)[前153~前121]古代ローマの政治家。の弟。兄の遺志を継ぎ、土地・穀物・市民権の改革立法を進めたが失敗し、自殺した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

グラックス【Gracchus】

〔Tiberius Sempronius G.〕 (前163~前133) 古代ローマの政治家。護民官となり、大土地所有の制限と土地の再分配による中堅農民層の再建を図ったが、反対派に暗殺された。
〔Gaius Sempronius G.〕 (前153~前121) 古代ローマの政治家。の弟。兄の遺志を継ぎ、護民官として改革を推進。元老院権限の縮小を図ったが失敗、内乱の中で自殺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

グラックスの関連キーワードセナツス・コンスルツム・ウルチムムスキピオ・ナシカ・セラピオスキピオ・アエミリアヌスメテルス・マケドニクスアフリカ[ローマ属州]穀物配給[古代ローマ]トリブヌス・プレビス農事法[古代ローマ]アゲル・プブリクスローマ史(年表)フラミニア街道元老院(西洋)オプティマテスグラックス兄弟スキピオ(小)クラウディウススキピオ[大]オクタウィウスフラミニウスデナリウス貨

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android