コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルジョンツ Grudziądz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルジョンツ
Grudziądz

ポーランド北部,クヤフスコ・ポモルスキェ県の都市。ドイツ語ではグラウデンツ Graudenz。グダニスク南方約 100km,ウィスワ川下流に臨み,トルン-グダニスク間の鉄道に沿う。ボレスワフ1世(勇敢王,在位 992~1025)の城塞構築に始まる町で,1226年ドイツ騎士団の手に落ち,1291年都市権を獲得。1466年ポーランドに戻ったが,1772年の第1次ポーランド分割プロシア支配下で強力な要塞となった。1919年のベルサイユ条約で,再びポーランド領。第2次世界大戦で市街の 70%が破壊されたが,戦後急速に復興。ゴム,金属,鋳物,製材,食品,織物、醸造などの工業が行なわれる。人口 10万376(2002)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グルジョンツ【Grudziądz】

ポーランド中北部,トルン県の都市。人口10万3700(1995)。トルンの北50km,マズーリ地方最西端にあり,ビスワ川が北へ曲流して氷河性のモレーン丘陵を横切る河岸の丘陵上に位置する。農産物の集散と加工の中心地。1291年にドイツ騎士修道会が建設した町で,以後ドイツとの間で帰属がめまぐるしく変わった。合成ゴムの大工場があり,同県のゴム製靴は全国生産の68.2%(1978)を占める。農業機械・建設資材・皮革工業もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グルジョンツ
ぐるじょんつ
Grudzidz

ポーランド中北部、クヤフスコ・ポモジェ県の都市。トルニの北50キロメートル、マズーリ地方最西部に位置する。人口10万1866(2001)。ビスワ川が北へ曲がり、氷河性のモレーン(氷堆石(ひょうたいせき))丘陵を横切る河岸に市街地が発達する。農産物の集散と加工の中心地。合成ゴムの大工場があり、ゴム靴の生産は有名。1291年にチュートン騎士団が建設した。[山本 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グルジョンツの関連キーワード山本

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android