グローバー石(読み)ぐろーばーせき(英語表記)glauberite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グローバー石
ぐろーばーせき
glauberite

ナトリウムとカルシウムの無水硫酸塩鉱物。岩塩鉱床のもっとも普通の随伴鉱物。自形は斜めに切れた菱柱(りょうちゅう)状。あるいは菱形(ひしがた)の輪郭をもった縦長の楔状(せつじょう/けつじょう)立体。蒸発岩の構成鉱物、乾燥気候地域で玄武岩などの空隙充填(くうげきじゅうてん)鉱物、火山噴気生成物などとして産するほか、乾燥気候地域に発達する堆積(たいせき)性硝酸塩鉱床の随伴鉱物として産する。日本では産出の報告例はない。
 共存鉱物は岩塩、ポリハライトpolyhalite(化学式K2Ca2Mg[SO4]4・2H2O)、石膏(せっこう)、硬石膏、テナール石(ボウ硝)、ミラビル石mirabilite(Na2[SO4]・10H2O)、硼酸(ほうさん)石、硝石、チリ硝石、ブレーデ石bldite(Na2Mg[SO4]2・4H2O)など。同定は自形であれば、柱や楔状立体を斜めに切る劈開(へきかい)。他の可溶性塩類鉱物と区別しがたいが、粉末を水中に入れると、最初は透明であるが、部分的に溶解しながら、白色難溶の石膏を残す。
 命名は、本鉱の主成分として含まれているNa2[SO4]が化合物名としてグローバー塩glauber's saltとよばれていたことによる。この名前はドイツの化学者ヨハン・ルドルフ・グローバーJohann Rudolf Glauber(1604―1668)にちなむ。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android