ケッペンの気候区分(読み)ケッペンのきこうくぶん

百科事典マイペディア「ケッペンの気候区分」の解説

ケッペンの気候区分【ケッペンのきこうくぶん】

W.ケッペンによる世界の気候区分。立脚点は植物や森林の分布であるが,実際には気候要素の組合せによる定量的基準を用い,それぞれに記号をつけ,さらにその組合せによって各種の気候を表す。大区分として,樹木気候(熱帯気候A,温帯気候C,冷帯気候D)と無樹木気候(乾燥気候B,寒帯気候E)に分かれ,11の主要気候がある。
→関連項目アリソフの気候区分温帯多雨気候温暖冬季少雨気候乾燥気候乾燥限界寒帯気候区分砂漠気候サバンナ気候ステップ気候地域区分ツンドラ気候日本熱帯熱帯雨林気候氷雪気候

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android