コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケネー ケネー Quesnay, François

6件 の用語解説(ケネーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケネー
ケネー
Quesnay, François

[生]1694.6.4. ベルサイユ近郊メレ
[没]1774.12.16. ベルサイユ
フランスの経済学者,重農学派の指導者。医学を専攻し,ルイ 15世の侍医の一人として仕え,60歳までは経済学に関して何も発表しなかった。しかしその後彼の経済についての考え方は多くの注目するところとなり,A.スミスの尊敬を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケネー(François Quesnay)

[1694~1774]フランスの経済学者。百科全書派の一人。重農主義を唱え、経済活動の自由放任を主張。著「経済表」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ケネー

フランスの経済学者・医者。1718年医師開業,1749年宮廷侍医となり,ルイ15世の侍医もつとめた。また経済学も学びベルサイユ宮殿内で社会・経済問題を論じた。《フランス百科全書》にも執筆。
→関連項目チュルゴベッカリーア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ケネー【François Quesnay】

1694‐1774
フランスの経済学者。重農主義の創始者。〈経済表〉(1758)の発表により,後世の経済学に大きな影響を与えた。パリの近郊メレに生まれ,パリで医学を修め,外科医学者としても著名で,この分野の著作も多数にのぼる。経済学研究を志したのは晩年で,1749年にルイ15世の愛妃ポンパドゥール夫人の侍医となり,ベルサイユ宮のいわゆる〈中2階〉に居住するようになった以降のことである。夫人の庇護(ひご)のもとに〈中2階の会合〉を催し,当時の革新的な科学者,思想家たちとともに,ひろく社会,経済の諸問題を論じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ケネー【François Quesnay】

1694~1774) フランスの経済学者。ルイ一五世の侍医。重農主義の提唱者。農業部門を重視し、社会全体の再生産構造の分析を試み「経済表」をまとめた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケネー
けねー
Franois Quesnay
(1694―1774)

フランスの経済学者。重農主義の創設者。パリの近郊メレに生まれる。パリ大学医学部などで外科学を学び、内科医との抗争によって、外科学と外科医の地位の確立に主導的な役割を果たした。医学に関する多数の論著と実践的手腕とにより名声を博したケネーは、1749年からルイ15世の愛妃ポンパドゥール夫人の侍医、ついで王の侍医をも兼ね、ベルサイユ宮殿に住む。医者として成功し、医学に研鑽(けんさん)を積んだ彼が経済学研究に転じたのは、比較的遅く、ディドロとダランベールの編集する『百科全書』に寄稿した「借地農論」(1756)および「穀物論」(1757)は、その60歳代初期の作品である。1758年にその初版が著された『経済表』は、経済現象を生産と消費の循環的過程ないしは再生産過程として表現した最初の体系的な試みであり、経済学史上不朽の地位をかちえている。ケネーによれば、経済全体の基幹は、農業を中心とする採取的第一次産業であるから、農業が生産性の高い大農経営に転換することにより、多くの「純生産物」を産出しうることが前提になる。そのためには、まず従来の重商主義的統制を排して、内外に及ぶ取引の自由体制を確立し、それとともに、既存の税制を改革して、土地の純生産物を唯一の源泉とする単一税制に変換することが必要であるとした。このように彼の唱えた重農主義は、アンシャン・レジームの政治、経済、財政に対して提示された抜本的改革案という実践的色彩の濃いものであるが、それは、一方で「自然学」の伝統にたつ実証的側面をもち、他方で近代的自然法の流れを引く規範的側面をもっている。彼の学説は、ミラボーをはじめ多くの門下からなる学派の形成にあずかったが、同時代ではチュルゴーやスミス、19世紀ではマルクス、そして現代ではレオンチェフやスラッファの経済学の形成に著しい影響を与えた。[菱山 泉]
『A・オンケン編、島津亮二・菱山泉訳『ケネー全集』1~3巻(1951~52・有斐閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のケネーの言及

【カンティヨン】より

…しかし,ペティが富および価値の源泉を土地と労働の二元から究極的に労働一元に解消したのに対して,彼はそれを土地一元に解消し,ここからむしろフランス重農主義の思想的源流となった。重農学派の創設者ケネーはその学説の根本思想のみでなく,有名な〈経済表〉の着想をも彼から学んでいる。【渡辺 輝雄】。…

【経済循環】より

…経済活動のこの側面を,生体の血液循環になぞらえて,経済循環という。経済活動をこのように循環とその再帰として理解する試みを,自覚的に行った最初の人は,ルイ15世の侍医F.ケネーである。彼の試みは,その後の経済学を貫く思潮の一つとなり,現代にまで受け継がれている。…

【経済表】より

…18世紀中葉にフランスの重農主義経済学者F.ケネーがくふうした経済循環の図式で,のちにK.マルクスの再生産表式やW.レオンチエフの産業連関表の基となった。表1がその範式formuleで,デュポン・ド・ヌムール編《フィジオクラシー》(1767)に〈経済表の分析〉とともに収められている。…

【啓蒙思想】より

…とはいえ,なおブルジョア的個人主義にもとづく啓蒙の社会哲学の一面性,形式性は,ルソーを先駆とするロマン派の一連の共同体論による批判を呼びおこすことになる。
[経済思想]
 新興市民階級の立場からする生産と流通,分配といった経済現象の分析が,ロック,ケネー,スミスらによって発展せしめられた。スミスにみられる国家による統制の排除と自由主義経済の考えは,こうした動きの一つの到達点を示すものといってよいだろう。…

【三大階級】より

…18世紀の重農主義者F.ケネーは,農業を中心とする当時の社会が生産階級(農民),地主・支配階級,不生産階級(商工業者)の3階級によって構成されるとみなし,それらの間の取引を分析することによって生産物および所得の社会的循環を解明する《経済表》を著した。全経済体系の活動を諸階級間の相互連関として包括的にとらえるというこの発想は,その後K.マルクスの再生産表式,L.ワルラスの一般均衡理論,W.W.レオンチエフの産業連関分析(〈産業連関表〉の項参照)へと受けつがれていった。…

【重農主義】より

…18世紀の後半,フランス絶対王政は,特権的独占商人や奢侈品(しやしひん)工業の保護育成を中心とするフランス型重商主義政策(コルベルティスムcolbertisme)や,金融政策を中心とする商業主義(ジョン・ローの体制)によって,経済的にも財政的にも破綻(はたん)に(ひん)し,体制的危機に直面した。その再建策として大農経営の発展を提唱したF.ケネーを創始者とし,その自然法思想や政策的主張や経済学説を祖述し発展させたV.R.ミラボー(ミラボー侯),P.S.デュポン・ド・ヌムール,メルシエ・ド・ラ・リビエール,A.N.ボードー(ボードー師),G.F.ル・トローヌ,A.R.チュルゴなどを代表者とする一団の経済学者に共通する経済思想・政策的主張・理論体系を一括して示す名称。重農思想の先駆者としてはケネーよりも前に,17世紀から18世紀初めにかけて活躍したP.Le P.ボアギュベール,J.ボーダン,R.カンティヨンなどをあげることができるが,ケネーは単なる農業重視ではなく,資本制的大農経営を重視した点で決定的に異なっている。…

※「ケネー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケネーの関連キーワード重農主義パシーミラボークールノー重農学派レッセフェール古典派横山正彦カンティヨンデュポン・ド・ヌムール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケネーの関連情報