コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルダール法 ケルダールほう Kjeldahl method

4件 の用語解説(ケルダール法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルダール法
ケルダールほう
Kjeldahl method

湿式の窒素定量法の1つ。試料 (おもに有機物) を分解促進剤,還元剤,亜鉛粉末などとともに硫酸溶液中で加熱分解して,含まれている窒素をすべて硫酸アンモニウムに変える。次いで過剰の水酸化ナトリウム溶液を加えるとアンモニアが生じるので,これを一定量の濃度既知の硫酸溶液に吸収捕捉する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケルダール‐ほう〔‐ハフ〕【ケルダール法】

試料に含まれる窒素の量を求める分析方法の一。試料を濃硫酸中で加熱し、含まれる窒素を硫酸アンモニウムに変える。これを蒸留して発生するアンモニアの量から窒素量を定量する。食品などの有機物や鉱物に含まれる窒素の定量、および水質調査などで用いられる。キエルダール法ケルダールの窒素定量

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ケルダール法

 キエルダール法ともいう.窒素の分析法の一つで,食品や生体組織の窒素分析に最も頻繁に利用されている.熱濃硫酸で試料を酸化分解し,生成したアンモニウムイオンを定量する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケルダール法
けるだーるほう
Kjeldahl method

湿式窒素定量法の一種。1883年デンマークのケルダールJohan Gustav Kjeldahl(1849―1900)が初めて報告した。キエルダール法ともいう。硬質丸底フラスコ中で、試料を濃硫酸、無水硫酸カリウムおよび硫酸銅()その他の分解触媒とともに煮沸すれば、硫酸の酸化作用で有機物は分解し、試料中の窒素はアンモニアとなり、硫酸と反応して硫酸アンモニウムとなる。このフラスコを蒸留装置に連結し、フラスコに装着した滴下漏斗(ろうと)中から水酸化ナトリウムの濃溶液を滴下、フラスコ内の溶液を十分アルカリ性とし、硫酸アンモニウムを分解し、水蒸気を通してアンモニアを完全に蒸留する。このアンモニアを一定量の酸に吸収させて捕捉(ほそく)し、完全に留出し終わったらこの酸の過剰量をアルカリで逆滴定し、留出したアンモニアの量から試料中の窒素量を求めるのである。[成澤芳男]
『日本分析化学会編『分析化学便覧』改訂3版(1981・丸善) ▽大木道則他編『化学大辞典』(1989・東京化学同人)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケルダール法の関連キーワード窒素平衡デュマ法アミノ窒素粗タンパク質タンパク質窒素窒素定量法バンスライク法非タンパク質窒素ケルダール窒素定量法デュマ窯素定量法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone